3Dキャラクターのリギングを簡単に終わらせる方法【mixamoの紹介】

こんにちは、今回は3Dキャラクターのリギングを簡単に終わらせる方法を紹介します。

リギングとは3Dモデルにアニメーション、ポージングさせる為の設定を施す工程のことです。

3D作成にはモデリング、テクスチャリング、アニメーション作成といった工程がありますが、

僕にとって正直このリギングが一番退屈でめんどくさい作業ですね。

同じように思っている方も多いのでは無いでしょうか。

今回はこの退屈で面倒な作業をmixamoを使って簡単に終わらせます。

皆さんもぜひ参考にして下さい。

もくじ
・FBXを用意
・mixamoにアップロード
・キャラクターをダウンロード

FBXを用意

まずリギングしたいキャラクターを用意します。ソフトは何でも良いです、僕の場合は無料の3D作成ソフトblenderを使用しています。

blenderについての記事はこちら

OBJやZIPのファイルでもアップできる様ですが、今回はFBXで説明します。

キャラクターを図のような、両手を広げたTの様なポジションで用意してFBXで出力

 

用意が出来たらmixamoのサイトに飛びましょう。

mixamoにアップロード

mixamoのサイトはこちら

mixamoのサイトに飛んだらアカウントを作成しましょう。アカウントを作成したらBROWSE CHARACTERSをクリックしてください。

 

 

移動したら沢山のキャラクターが表示されると思います。

そしたら一番右側のUPLOAD CHARACTERをクリックしましょう。

 

 

先ほど作成したFBXファイルをドラッグしてアップロードしましょう。

 

 

アップロードが完了したらキャラクターの関節を設定します。

CHIN あご
WRISTS 手首
ELBOWS ひじ
KNEES ひざ
GROIN こかん

以上の場所を設定したらNEXTをクリックします。

リギングには2分ほどかかります。

 

 

モデリングのリギングが完了しました。

 

 

キャラクターをダウンロード

右側のDOWNLOADをクリックして下さい。DOWNLOAD SETTINGでダウンロードの設定をします。

Format:FBXでダウンロードもしくは、Unityで使用するならFBX for Unityが設定できます。
Skin:with skinモデルとアニメのダウンロード、without skinアニメのみのダウンロード。
Frames per Second:ゲームで使用するなら30でOK。
Keyframe Reduction:そのままnoneでOK。

DOWN LOADをクリックすればFBXファイルがダウンロードされます。

いかがでしたか。
mixamoにはアニメーションも豊富にそろっているので、ゲーム開発する上で物凄い時短になり、役立ちます。
皆さんもぜひ活用してみてください。

 

 

Unityで個人ゲーム開発、Unityの勉強方法はこちら

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    Unityでゲーム開発。VR/ARの開発をしています。

    クリエイターとして常に面白い物を。好奇心旺盛に生きる事がモットーです。

    法政大学卒業→ドイツ留学→ゲーム開発会社勤務→フリーランス
    アプリリリース合計6本。