【Unityゲーム開発】ゲームオブジェクトに当たり判定をつける方法

こんにちは。

今回はゲームColliderを使ってゲームオブジェクトに当たり判定をつける方法を紹介します。

プレイヤーにヒットする銃弾を例に解説していきます。

もくじ
・C#スクリプト
・インスペクター
・デモ映像

C#スクリプト

下記のスクリプトをプレイヤーオブジェクトにアタッチして下さい。

この場合プレイヤーオブジェクトが”Bullet”タグのオブジェクトに衝突したら、プレイヤーオブジェクトを消去します。

インスペクター

Player

ColliderRigidbody、先ほど作成したhit.csをアタッチして下さい。

Bullet

ColliderRigidbodyと”Bullet”タグを追加して下さい。

bulletRb.csスクリプトはAddForceを使ってBulletを前方に飛ばすスクリプトです。
今回は詳しくは触れません。

Bulletの飛ばし方についてはこちらの記事をどうぞ

デモ映像

Bulletに衝突したらプレイヤーオブジェクトがちゃんと消去されました。

以上Unity当たり判定実装でした。

Unityを習得したらゲーム業界へ転職しよう!

・ゲーム業界特化の専門エージェント
・未経験からの転職サポート
・エンジニア経験のコンサルタント対応

 

TechStarsで転職した人の給与はなんと平均で83万円もアップ!

 

「自分は未経験だから、、」「転職できる技術力があるか不安、、」

この様な悩みをお持ちでも大丈夫です!エンジニア出身のコンサルタントが親切丁寧に対応!

 

 

ベンチャーや中小企業、有名大手企業など、幅広い選択肢の 中から、あなたに合った職場を紹介いたします!

 

 

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

 

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在フィリピンのセブ島在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。