【Unityゲーム開発】ゲームオブジェクトに当たり判定をつける方法

こんにちは。

今回はゲームColliderを使ってゲームオブジェクトに当たり判定をつける方法を紹介します。

プレイヤーにヒットする銃弾を例に解説していきます。

もくじ
・C#スクリプト
・インスペクター
・デモ映像

C#スクリプト

下記のスクリプトをプレイヤーオブジェクトにアタッチして下さい。

この場合プレイヤーオブジェクトが”Bullet”タグのオブジェクトに衝突したら、プレイヤーオブジェクトを消去します。

インスペクター

Player

ColliderRigidbody、先ほど作成したhit.csをアタッチして下さい。

Bullet

ColliderRigidbodyと”Bullet”タグを追加して下さい。

bulletRb.csスクリプトはAddForceを使ってBulletを前方に飛ばすスクリプトです。
今回は詳しくは触れません。

Bulletの飛ばし方についてはこちらの記事をどうぞ

デモ映像

Bulletに衝突したらプレイヤーオブジェクトがちゃんと消去されました。

以上Unity当たり判定実装でした。

Unityの勉強方法はこちら

Unityをスクールで勉強するなら
エンジニアスクール

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本