【AR開発】UnityでARアプリを開発する方法


こんにちは。
今回はUnityでARのアプリを開発する方法を紹介します。
ARは今注目の技術なので、今後UnityでのAR開発者の需要も増えるでしょう。

ARについてはこちら

自分も今までにARのアプリをGoogle Playでリリースした経験があります。
こんな僕がUnityのAR開発を簡単に解説したいと思います。

もくじ
・UnityでAR開発方法
・ARKitとARCore
・勉強方法
・アイデアをすぐに形にする

UnityでAR開発方法


UnityでAR開発はARKitARCoreで可能です。

ARKitとARCoreはAR開発用のSDKの事です。

ではARKitとARCoreは何が違うのか?

簡単に説明すると、ARKitがiOSのAR開発用ARCoreがAndroid開発用です。

両方とも基本的に出来る事は変わりませんが、若干異なります。

それではさらに詳しくARKitとARCoreを説明して行きます。

Unityについてはこちら

ARKitとARCore

ARKit

  • 対応端末

iPhone6s以降はARKitに対応しているようです。

  • モーションキャプチャー

モーションキャプチャーはARKit3で追加の新機能です。
なんと、カメラを向けるだけで人の骨格と動きを認識することが出来ます。
今までのモーションキャプチャーは、専用のセンサー機器を体に付けて行ってました。
この新機能で3Dのアニメーション作成がかなり楽になりますね。

  • ヒューマン・オクルージョン

こちらもARKit3の新機能です。
従来のARは、CGをカメラで撮影した映像の前にしか描画できませんでした。
人間の存在を認識できるようになり、人間の後ろにCGオブジェクトが表示可能になります。
これは個人的に昔から欲しかった機能ですので、非常に楽しみです。

ARCore

  • 対応端末

最近ようやく対応端末が100機種を超えましたが、Android端末の数に比べると少ない気がします。
また最新のAndroid端末だとしても、ARCoreに対応してない場合がありますので注意が必要です。

  • Augmented Faces API

従来のARでも顔認識は行えましたが、位置がずれてしまう事がありました。
しかし、Augmented Faces APIにより顔の立体認識が正確に可能になりました。
また、大きな特徴としてiPhoneXシリーズのように特別なハードウェアが不要です。

 

ARKitの方が革新的な機能が多いですね。また、対応端末もiOSはiPhone6s以降は全ての端末で対応しているのに対し、AndroidはまだまだARに対応してない端末が多い印象です。
当分の間はARKitが先立って新機能を開発し、それにARCoreが追従するようになりそうですね。

勉強方法

独学で勉強

Unityの独学での勉強方法はこちらで紹介しています。

金銭的に安く済ませたい方、自己管理が出来る方はお勧めです。

Unityを一通り使えるようになったら、ARKitかARCoreのプラグインをダウンロードし開発してみましょう。

スクールに通う

金銭的に余裕があり、勉強をする環境が欲しい方お勧めです。

またスクールの利点はすぐに質問が出来る、就職まで面倒見てくれる。

その他、各スクール後とごとに利点がありますので活用しましょう。

Unityのオススメスクールはこちら

アイデアを形にする


AR開発の目的が就職であれ、個人開発でも自分のアイデアを形にする事はすごく大事です。

自分の作りたいものを形にする事で理解力が格段に上がります。そして、作品は常に見られる事を意識する事。

作った作品はすぐに公開しましょう。

自分アイデアを沢山形して、AR開発を楽しんでくださいね。

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在フィリピンのセブ島在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。