【VRアプリ紹介】おすすめ無料VRアプリ7選

 

こんにちは。
今回は無料で遊べるおすすめVRアプリを紹介します。

まず簡単に僕の自己紹介から。

フリーランスとしてアプリを開発しており、VRアプリも開発経験もあります。

今回は僕がVRアプリで面白いアイデア面白いゲームグラフィック等の判断基準から、独断と偏見で7つアプリを選びました。

紹介するアプリは、僕がVRを開発する上で参考になるもの、ユーザーとして面白かったものです。

面白いVRアプリを探してる方の参考にして頂ければと思います。

VRについてはこちらの記事

もくじ

おすすめ無料VRアプリ7選
・WITHIN

・Whispering Eons #0 (VR Cardboard adventure game)
・InMind VR (Cardboard)
・バーチャルリアリティ飛行機クラッシュVR
・VR Climb
・アポロ計画体験VR
・Relax River VR
まとめ

おすすめ無料VRアプリ7選

WITHIN


世界中のVRクリエイター達の映像コンテンツが1つのアプリで楽しめます。

様々なジャンルが用意され、日常では体験できない世界へ連れて行ってくれます。

僕はこのアプリで北朝鮮に行ってきました。映像がきれいで素晴らしい。

ナレーションもついていて勉強になる。

また、WITHINで別の動画が見たくなりました。

ダウンロードして損は無いですね。

Google Play

App Store

Whispering Eons #0 (VR Cardboard adventure game)


宇宙にいる独特の世界観と音楽が良いですね。

浮遊感のある不思議な感覚。

通常モードとVRモードがあり、ノベルゲームの様に選択肢を選び進めていきます。

SF好きにはたまらないストーリー設定で、ゲームに引き込まれる事間違いなし。

チュートリアルも優しく解説してくれます。

Google Play

App Store

InMind VR (Cardboard)


教育向けのVRゲーム。ミクロなって人体の中に入る事が出来る作品。

異常のある神経細胞を見つけて治療する。

グラフィックがきれいで、音楽も世界観を演出しています。

短いゲームですが、ミクロワールドを体感できる良いゲームです。

続編でIn Mind2とIn Cellがあります。

Google Play

App Store

 

バーチャルリアリティ飛行機クラッシュVR


飛行機の墜落が体験できる縁起でもないアプリです。

かなり不謹慎ですが、こういった奇抜なアイデアは面白いですね。

名前のインパクトに惹かれ、早速試してみましたが、グラフィックは正直ショボすぎでした。

まず乗客全員ツルッパゲだし、モデリングのクオリティ低いです。

とりあえず乗客の悲鳴と、爆発音が聞こえるだけでした。

ですが、繰り返しになりますが発想は非常に面白いです。

グラフィックが良ければもっとヒットしたと思えた、ちょっと残念なもったいないアプリですね。

Google Play

 

VR Climb


クライミングを体験できるVRです。

グラフィックもそこそこキレイで、コントローラーを使わず、簡単に操作ができるゲームです。

クライミングというアイデアも独特で、面白いアプリゲームだと思います。

1つ気になるのが、広告が多すぎる。

無料アプリなので、広告があるのは仕方ないです。

僕も無料アプリゲームを配信するときは広告つけます。

ですが動画広告2連続や、至ところで動画広告は、荒稼ぎしてる感がありちょっと嫌ですね。

それが無ければ良アプリです。

ちなみに約1ドルで広告が外せるようです。

Google Play

アポロ計画体験VR


月面に行ってドライブ。当時のアポロ計画の雰囲気や、月の環境が疑似体験できます。

しかもなんと、このVRは実際のNASAの素材や映像を使っています。その為グラフィックもキレイです。

宇宙やNASAに興味のある方は是非試してみてください。

Google Play

Relax River VR


癒しの音楽と自然の音を聞きながら、ゆったりと川を下っていくアプリ。

忙しい仕事の休憩にこのアプリを使ったら癒されそう

朝と夜の2パターン選べる。自然のグラフィックがとてもきれいです。

ちなみに、こちらのアプリのHD版「Relax River HD」は120円で販売されています。

癒されたい方には是非お勧めです。

Google Play

App Store

まとめ


全体的にVRのアプリはホラー系のゲームが一番多く、次に癒しとリラックスのゲームが多い印象です。

また、今回10個以上のVRアプリを試しましたが、どれも単純なアプリばかりでした。

個人開発で充分に開発できそうなものばかりです。

これはおそらく、今のところのVRアプリにそこまで収益が期待できないから、企業がそこまで力を入れないんじゃないかなぁと思います。

それでもニッチな分野として残り続けると感じがします。

僕も何か面白いアイデアがあればリリースしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

VRを開発するならUnity、Unityについてはこちらの記事で

Unityの勉強方法はこちら

VR開発のスクールはこちら

エンジニアスクール

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    Unityでゲーム開発。VR/ARの開発をしています。

    クリエイターとして常に面白い物を。好奇心旺盛に生きる事がモットーです。

    法政大学卒業→ドイツ留学→ゲーム開発会社勤務→フリーランス
    アプリリリース合計6本。