【Unityゲーム開発】AndroidアプリにAdMob広告を実装する方法【インタースティシャル】

こんにちは。今回はUnityで開発したandroidアプリにadmobの広告を実装する方法を紹介します。(*バージョンはUnity 2018.2.3f1で試しています。)

前回バナー広告を実装する方法を紹介しましたので、今回はインタースティシャル広告の実装方法です。

インタースティシャル広告とは、ゲームオーバーになったりシーンが変わるときに全画面で表示される広告です。

筆者プロフィール

もくじ
・広告IDを取得
・C#スクリプト

広告IDを取得

広告IDを取得を取得する前の準備として、GoogleAdMobに登録とGoogle AdMobプラグインをダウンロードをする必要があります。

やり方は前回のバナー広告編で解説していますので、こちらの記事を参考にしてください。

GoogleAdMobに登録とGoogle AdMobプラグインをダウンロードが済んだら、

広告ユニットを追加から、インタースティシャル広告を選び、広告IDを取得しましょう。
IDは今後使うので控えておいてください。

C#スクリプト

空のゲームオブジェクトに下記のスクリプトをアタッチして下さい。
下記のコードの広告IDはサンプルです。

 

あとは Show()を呼び出せば広告を表示できます。

isLoaded() メソッドを使用して読み込み完了を確認してから、show() を呼び出します。

ちゃんと表示されました。

次はリワード広告の実装方法を紹介します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Unityを習得したらゲーム業界へ転職しよう!

・ゲーム業界特化の専門エージェント
・未経験からの転職サポート
・エンジニア経験のコンサルタント対応

 

TechStarsで転職した人の給与はなんと平均で83万円もアップ!

 

「自分は未経験だから、、」「転職できる技術力があるか不安、、」

この様な悩みをお持ちでも大丈夫です!エンジニア出身のコンサルタントが親切丁寧に対応!

 

 

ベンチャーや中小企業、有名大手企業など、幅広い選択肢の 中から、あなたに合った職場を紹介いたします!

 

 

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

 

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。