【Unityゲーム開発】Unity Tinyでボタンの実装方法

こんにちは。

今回はUnityTinyでボタンを実装する方法を紹介します。

スタートボタンをクリックしたら、MoveSceneとWallSceneがロードされる簡単なシステムです。

シーンのロード方法はこちら

こちらの記事は以下のバージョンで動作確認しました。

Unity 2019.2.0b
Project Tiny 0.15.3
もくじ
・IComponentDataの設定
・Sceneの作成
・スクリプト
・デモ動画

IComponentDataの設定

下記のStartButton IIComponentDataを作成します。今回はタグとして使用するだけです。

Sceneの作成

StartButton Sceneを作成して保存します。
SceneをHierachyで開きCanvasとその子にEntityを追加します。

ButtonのInspectorは下記のようになります。

スクリプト

以下のスクリプトを作成して保存します。
ボタンが押されたら、別シーンをロードしスタートボタンをアンロードします。

デモ動画

 

上記のように、ボタンを押すとロードとアンロードが行われました。

Unityの勉強方法はこちら

Unityのスクールはこちら

エンジニアスクール

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本