子どものプログラミングスクール【オススメ3選】

子ども向けのプログラミングスクールってどうだろう?
プログラミングの習い事をさせたいけど、スクールはどこが良いかな?

このような疑問にお答えします。

ドイツ3年留学後帰国、ゲーム開発会社に就職しました。現在はノマド生活を始めバンコクに移住。

主にUnityによるゲーム開発で生計を立てています。

個人でもアプリをリリースしており合計10本以上。

この様に現役でプログラミングを書いている立場から、子ども向けのプログラミングスクールを紹介させて頂きます。

ぜひ参考にしてください。

子どもの習い事にプログラミング?


そもそも何で子どもの習い事にプログラミング?

こう考える方もいるとも思います。

プログラミングを子どものうちに習う事はメリットがあります。

2020年に文部科学省はプログラミング教育の必修化を決定しました。

現在プログラマ、エンジニアの数は不足しており、IT人材の需要は増えています。

またIT業界の市場も今後伸び続けると予想されており、日本のプログラマ、エンジニアの育成は急務です。

プログラミンを習う事で子どもの論理的思考力が育てられ、将来プログラマーにならなくともプログラミング学習は有益です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

オススメスクール紹介

株式会社LITALICO【IT×ものづくり教室 】LITALICO(リタリコ)ワンダー

首都圏に13教室にて、2600名以上(2018年9月現在)の塾生を抱える大きなスクールです。

このスクールの最大の特徴は「オーダーメイドカリキュラム」です。

子どもの興味や得意、ペースに合わせて、1人ひとりカリキュラムを考案しています。

また、ゲームプログラミング以外に、ロボットやデジタルファブリケーションなど、ものづくり系コースなどもあります。

子どもによって興味や得意なものはさまざまですから、自分にあったものを学べるのは良いですね!

技術力の習得以外にも、自分で考え形にする経験を大切にしています。

「学習を通じて、自尊心を育て、創造力や試行錯誤する力を育むことを目指す。」

この理念は素晴らしいですね^^子どもが将来どの道を進んでも、このような経験は財産になると思います。

こちらの株式会社LITALICOさんは、発達障害・ADHD・学習障害の子どもへの学習支援・教育支援も行っております。

学習コミュニケーションに不安のある子どもも、安心して通塾出来ます。

無料体験授業もあるようです。

公式ホームページ:【LITALICOワンダー】

Tech Kids Schoolテックキッズスクール

 

東京渋谷・秋葉原・二子玉川・大阪梅田・沖縄那覇に
教室を構え、全国約700人の小学生がプログラミングを学ぶ小学生向けプログラミングスクールです。

こちらはなんと超有名IT企業「サイバーエージェント」さんが運営しています。みなさんも聞いたことがあるかもしれません。

スクールは先生による一斉授業での指導ではなく、自分で学習を進める授業スタイルを採用しています。

生徒一人一人がそれぞれのペースで学習を進めます。

子ども向けの初歩的な内容だけでなく、SwiftやC#など、本格的なプログラミング言語を学習するコースも提供しています。

実戦ですぐに役立つ技術が身に着くのは素晴らしいですね^^

またこちらのスクールでは、プログラミングの学習だけでなく、自分のアイデアや成果物を他の人に発表するプレゼンテーションの機会も定期的に設けています。

発表する事で、社会に対して働きかける姿勢と、人前で話すことに物怖じしない度胸が養えますね^^

技術を学んで終わりにしない、良い取り組みですね。

学習の成果をスマートフォンアプリをリリース(一般公開)したり、
プログラミングコンテストで表彰された生徒や卒業生を輩出しています。

生徒の活躍

 

体験会もあるそうです。興味のある方はこちらをご覧ください。

公式ホームページ:Tech Kids School【テックキッズスクール】

D-SCHOOLオンライン

ご自宅で、映像で、安価に学べる新感覚の小中学生向けオンラインコースです。

子供のプログラミング学習に興味があるけど、近くに教室がない、なかなか時間が取れない、月謝が少し高い
と感じている方にはぴったりのスクールですね。

マイクラッチコースは、D-SCHOOLが独自に作ったソフトを使って進めていくコースです。

マイクラで実際に出てくるブロックを使うのでとても楽しく学習できます。

ゲーム感覚でプログラミングが覚えられるのは斬新ですね。とてもユニークなアイデアです。

また、英語&プログラミングコースは、英語とプログラミングを使いながら、
自分だけのロールプレイングゲームを作っていく新感覚のコースです。

プログラミングだけでなく、英語もゲーム感覚で学べます。

14日間の無料体験があります。興味のある方は無料体験から始めてみては?

公式ホームページ:オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング

スクール比較

それぞれのスクールには違った良さがあるので、どれが良いとは一概には言えません。
それぞれの良さをまとめるました。

LITALICO:1人のカリキュラムに合わせて細かく対応してくれる。発達障害・ADHDの子どもの対応までしてくれる。首都圏の13教室。

テックキッズスクール:SwiftやC#、プレゼンテーションスキルの習得などより実践的な能力が身に着けられる。東京、大阪、沖縄に5つの教室。

D-SCHOOLオンライン:オンラインスクール。いつでもどこでもゲーム感覚で勉強できる。英語の学習も可能。通学より料金は安い。

ご自身に合わせてベストな選択をすると良いでしょう。

まずは無料体験をやってみるのが良いと思います。

まとめ


どこのスクールも長所があり、どれが良いかは子どもの相性できまると思います。

こどものうちからプログラミングスキルがあれば、今度絶対に役に立つでしょう。

自分は大人になってからプログラミングを学習したので、結構時間がかかりました笑

「子どものときにプログラミング学習があったらなぁ」と考える事あります。

今の子どもたちはうらやましですね^^

興味があればぜひお試しください。

最後まで読んできただきありがとうございました。

 

 

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本