【海外旅行】バンコク最大級?地元民に人気のオススメの屋台を紹介

バンコクでオススメの屋台ってどこかな?
地元民に人気のローカルな屋台に行きたいな。

この様な疑問にお答えします。

バンコクってご存知の通り屋台がめちゃくちゃありますね。

いっぱいあるのは嬉しいのですが、どこ行けば良いのか悩んでしまう事もあるでしょう。

そんな中ぼくがオススメするのがシーロムスクエアフードセンターです

バンコクの地元民に人気の屋台がいくつも集まった、めちゃくちゃ大きな施設。

お気に入りの屋台が見つかる事まちがいなし!

それではさっそく紹介していきます。

営業情報

BTSサラデーン駅 徒歩10分
BTSチョンノンシー駅 徒歩10分営業時間8:30~13:30頃まで
定休日土曜・日曜

サラデーン駅から歩いてタニヤ通り、パッポン通りを超えると右側に入り口があります。

屋台がひしめきあっているので、分かりやすいと思います。

正面から入る場合は一度交差点まで出て回る必要があります。

この地域は人気の観光エリアです。バンコク旅行で泊まる人も多いのではないでしょうか。

こんな観光エリアのど真ん中に、ローカルに人気の屋台があるのが驚きですね!

フードセンター紹介

さてフードセンターの正面入り口に来ました。

屋台がひしめきあって活気がありますね。

そして何と言ってもデカい!東京ドームくらいの広さはありそうです。

 

中に入るとイートインスペースがたくさん。両脇にはたくさんの屋台がありますね。

 

やはりローカルエリアって事もあってか英語のメニューがありませんw

でも大体の屋台が写真があるので、指差しで何とかなるでしょう。

店員さんも英語に慣れているようで、英語が通じます^^

値段は普通のローカル屋台と同じ値段ですね。

もう少し奥に進むと食べ物以外のお店もあります。

靴、衣類、バック、香水、CD、化粧品などいろいろ

日本ブランドのランニングシューズもありますね。恐らく見た感じ偽物でしょう^^

他のお店もクオリティはオススメできないです笑

食レポ

シーロムスクエアで食べた料理の食レポをします。

さすがに全種類食べきれないので3つで勘弁してください^^

パッタイ

こちら以前から気になっていたタイ料理の1つです。

ハルサメ的な麺と野菜を甘辛たれで炒め、ふんわり卵で包んだオムレツです。

卵が半熟でフワフワしてほんのりと甘くて、甘辛タレの野菜と麺とからんでおいしいです。

エビの食感もプリプリで最高ですね。はじめて食べましたが、すごく気に入りました^^

タイラーメン

正式な名前はあるようですが、タイ語が分からないものでタイラーメンとしておきます^^

麺料理屋さんに行くと、毎回どの麺の種類が良いか聞かれます。

どこも春雨みたいな麺2種類と中華麺1種類ありますね。今回は中華麺にしました。

僕のよく行く近所の屋台に比べて、具の種類が豊富ですね。魚のつみれに、肉だんご、揚げ豆腐みたいなものがありました。

口の中でふわっととろける感じでおいしいです。

麺はその場でさっと茹でるので、バリカタ麺です。

スープは甘めのあっさりスープです。お好みで辛さを足すことも出来ます。

辛い物が苦手な方に食べやすいと思います。

全体的に料理は他の屋台と比べてレベルが高い気がします。

地元民に愛される理由が分かりますね^^

スムージー

こちらのお店でフルーツを2種類選んでその場で作ってくれます。

新鮮なフルーツのスムージーがすぐ飲めるのは嬉しいですね。

僕は今回ストロベリーとパイナップルにしました。

こちらなんと20バーツだからめちゃくちゃ安いですね^^

他にもタピオカやバナナチップスなどのお菓子やさんも沢山ありました。

お好みのデザート探してみると面白いと思います。

まとめ

観光地の真ん中にあるのに、地元民が溢れている、地元の値段で食べれる珍しい場所です。

すれ違った観光客らしき人はほとんどいませんでした。

シーロムスクエアを訪れる際は午前中をオススメします。ぼくは今回11:00頃に行きました。

営業時間が13:30までと短いですし、13時ごろ行ったら多くの店が閉まっているかもしれません。

そして、今回ぼくはパッタイ60バーツ、ラーメン40バーツ、スムージー20バーツの合計120バーツ使用しました。

日本円でなんと約420円です。この値段で、地元で人気の料理が満腹まで食べれるのは安いですねw

みなさんもぜひシーロムスクエアで屋台を楽しんでください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

バンコク行き格安航空券はこちらから
海外

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本