【Unityゲーム開発】UnityでAndroid アプリのビルド方法

こんにちは。
今回はUnityでAndroidアプリのビルド方法を紹介します。

バージョン紹介

今回は以下のバージョンで確認しました。

Windows 10
Unity 2018.2.3f1 Personal
Android SDK Build-Tools 28.0.3
JDK 1.8.0_201
Android NDK r13b

設定

Build Setting

「File」→「Build Setting」を開いてください。ビルドするシーンを追加して、PlatformをAndroidに変更してください。

Ohter Setting

先ほどのBuild SettingからPlayer settingをクリックします。するとOther sSettingの項目が現れます。

Package NameとVersion、Build version codeは自分の管理しやすいように設定してください。

Publishing Setting


create new keyにチェック、パスワード入力後brows keystoreをクリック。保存します。

 

Aliasで create a new keyをクリックする。

必要情報を入力します。


createをクリック。

Use Existing Keystoreにチェックします。するとAliasに先ほど作成したkeyが出来ます。それを選択してください。

Google playで販売の際に必要になります。

デバックの場合はUnsighned(debug)で大丈夫です。

Unity Preferences

Android SDK、Java JDK、Android NDKが必要になります。
下記の場所からダウンロードしてください。

Android SDK Toolsのダウンロード

Java JDKのダウンロード

Android NDKのダウンロード

Unityエディターを開き「Edit」→「Preferences」→「External Tools」を開いてください。
先ほどダウンロードしたSDK、JDK、NDKのパスを設定してください

ビルド

ビルドセッティングを開き、Buildをクリックしてください。
ビルドが始まります。
無事apkファイルが生成出来れば成功です。

 

Unityの勉強方はこちら

 

Unityをスクールで学ぶならこちら

エンジニアスクール

Follow me!

  • カツヤ
  • 世界放浪系ゲームディベロッパー

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本