【5G徹底解説】5Gとは?!5Gで未来はこう変わる!

2020年の春から運用開始される5Gでいったい何がかわるのだろう?
ネットの速度が速くなるって聞いたけど、具体的に何が違うの?

この様な疑問にお答えします。

最近、巷で5Gという言葉をよく聞きませんか?

今回はこの5Gでいったい未来がどう変わるのか説明いたします。

今後みなさんの生活に必ず関わってきますので、ぜひ5Gについて知っておきましょう。

参考文献

5Gとは

5Gとは 「5th Generation」の略になります。日本語に訳すと「第5世代移動通信システム」です。

つまり5Gとは次世代の新たな移動通信システムになります。

5Gを説明する前に、移動通信システムがどの様に進化してきたか振り返ってみます。

1G(第1世代移動通信システム)

まだ電波はラジオのようにアナログ方式。
1979年「自動車電話」が商用化、1980年代に「携帯電話」のサービス開始。

2G(第2世代移動通信システム)

デジタル方式による移動通信システム。
電話だけでなく、Eメール等のデータ通信サービスが利用できる端末になりました。

1990年代にNTTドコモが「iモード」、J-Phone「写メール」サービス開始

3G(第3世代移動通信システム)

国際標準として定められた移動通信システム。日本の携帯端末が海外でも利用可能に。
iモードやEZwebなどのプラットフォームサービスの普及。

2001年NTTドコモが「FOMA」の商用サービス開始、2008年ソフトバンクが「iPhone 3G」の販売開始。

4G(第4世代移動通信システム)

現在の移動通信システム。動画配信サービスやモバイルゲームのような大容量コンテンツ。
スマートフォンが一気に普及する。

2012年に標準化団体で次世代通信方式がまとめられ、4Gのサービス開始。

そしていよいよ5がやってきます。

それでは次に、この5Gいったい何がすごいのか説明していきます。

5Gが実現する3つの特徴

・高速大容量通信
・超信頼、低遅延
・多数同時接続

高速大容量通信

ビームフォーミングという新たな技術により、大きな電波のカタマリをデータ送信できるようになりました。

4G時代の10倍以上、通信速度が速くなるとされています。

4G下り(基地局から端末) 最大1ギガbps → 5G下り(基地局から端末) 最大20ギガbps
4G上り(端末から基地局) 最大数百メガbps →5G上り(端末から基地局) 最大数10ギガbps

特に上りが強化されたことが注目ポイントです。

5Gにより動画のアップロードの速さが、目に見えて体感できるでしょう。

超信頼、低遅延

5Gの遅延は1ミリ秒と4Gの10分の1とされています。

これは新技術のエッジコンピューティングなどにより可能になりました。

・今までのダウンロードの流れ

スマホ→基地局→通信事業者のネットワーク→インターネット上のサーバー→通信事業者のネットワーク→基地局→スマホ

・エッジコンピューティングのダウンロード流れ

スマホ→基地局→エッジサーバー→基地局→スマホ

細かな技術的な説明は省きますが、つまりこの様な短い通信経路で完結させ、遅延が1ミリ秒と人間では知覚できない程になりました。

多数同時接続

4Gでは、ひとつの基地局に約100台の端末が同時にアクセスすると、接続できなくなりました。

5Gではこれを100倍にし、1万台程度の端末が同時にアクセスしてもきちんと接続できるようになります。

これはあらゆるモノがインターネットにつながる時代(IOT時代)を見据えた要件です。

多数同時接続はグラントフリーと呼ばれる方式により可能になりました。

簡単に説明すると、端末と基地局での間の制御系の通信をシンプルにして、混雑を回避するものです。

この3つの特徴を簡単な言葉で説明するとこうなります。

・めちゃくちゃ速い

・ほぼ遅れが無い

・大人数でも同時接続できる

何となく5Gについてイメージが出来てきたのではないでしょうか?

5Gで生活はこう変わる

マルチアングル

音楽ライブイベントやスポーツ観戦で、色々な角度から撮影し、その映像を同時に配信することで、さまざまな角度からイベントを楽しめる新しい視覚体験をもたらす方法です。
5Gの高速大容量通信が可能にし、視点をスムーズに切り替えられるになります。

2018年6月にすでに、プロ野球の公式戦でマルチアングルでの動画配信を実証されました。

観客は目の前の試合を観戦しながら、手元のタブレットで任意のアングルから打者の映像を見たり、見逃した瞬間をさかのぼったりといった楽しみ方が出来る様になります。

今後このようなスポーツ観戦は当たり前になるかもしれません。

VR

VRはスマホ以上に大容量の高速通信が求められます。

2019年3月、ソフトバンクはVRを用い他支店切り替え可能なライブ映像のリアルタイム配信を行いました。

これにより家に居ながらにして、スタジアムでの野球観戦や音楽ライブが楽しめる様になりました。

VRは日本での普及はイマイチですが、5Gによってサーバー側で処理できるようになれば、VRゴーグルの小型化も進み、VRも普及していくと考えられています。

オンラインゲーム

今までのモバイルゲームは、端末にアプリをダウンロードしてゲームをプレイするのが一般的でした。

5Gの時代に注目されているのがクラウドゲーミングです。

その名の通り、クラウドで全て完結しており、端末からクラウドにアクセスするだけでゲームが楽しめます。

つまり、Youtubeを視聴するように、ダウンロードなしで、どんな端末からでもゲームをプレイできます。

2019年3月GoogleはクラウドゲーミングのSTADIAを発表しました。5Gの普及とともにクラウドゲーミングも一気に普及していくでしょう。

コネクテッドカー

5Gでもっとも期待されているのが完全自動運転だと思います。

ですが完全自動運転に到達するまでにまだ時間がかかり、実現し一般普及するのが2030年代だといわれています。

5Gによる自動車の革新は自動運転だけではありません。

インターネットに常時接続されたコネクテッドカーが5Gにより普及するでしょう。

コネクテッドカーで一番進んでいるのが、保険分野での活用です。

走行距離に応じて安くなる保険料つまり、UBI型の保険においてデータを最終するのに5Gは適しています。

走行距離の情報のみならず、アクセルやブレーキの使い方、車内の会話、ドライブレコーダーの撮影映像など多彩なデータが収集できます。

これにより保険会社は、危険運転の度合いを評価し、リスク評価制度を高める事が出来るようになります。

コネクテッドカーは情報提供のサービスだけではありません。

安全運転自体の質も上がります。

先行車の前方映像、渋滞中の車両の一番前の映像が透けて見える様になる技術も開発されました。

追い越す際の対抗車線の状況も知り、先行車の前に歩行者が飛び出した場合の急ブレーキに備える事も出来ます。

常時遅延なく後続車に情報を配信できる5Gが可能にした技術です。

医療

医療の現場ではすでに遠隔診断が試験的に行われています。

5Gにより、患者の表情や顔色が判断できる品質の高精細なテレビ電話で問診が可能になります。

医師不足の地域や、自宅から移動が困難な方の要請に応える事が目的です。

遠隔手術支援も可能になりました。

これは手術の状況をリアルタイムで遠隔の医師に配信し、支持を仰ぐ事が出来るシステムです。

凄腕の医師の支持を遠隔から仰ぐ事が出来る、5Gの超低遅延が可能にした画期的な手法です。

さらにこれの一歩先に踏み込んだ遠隔手術があります。

手術ロボットを遠隔で操作し手術を行う事ができます。

海外の名医の執刀も遠隔から可能になりました。2019年1月に中国で遠隔からのロボット操作で豚の肝臓手術が成功しました。

遠隔手術は技術的に可能な段階まで来ています。

キャッシュレス決済

現金を使わないキャッシュレス決済が今後普及していくでしょう。

入店した利用者をカメラで認証し、店を出ると利用者の持っている商品を識別し、口座から自動決済します。

これにより将来レジが無くなるかもしれません。

実際にキャッシュレス決済は行われています。

アメリカ食品小売店アマゾン・ゴーでは入店時にアプリのQRコードをかざし、商品を手に取り店をでると登録クレジットカードから決済が行われます。

デジタル屋外広告

個人認証は決済以外にも有効な用途があります。

駅で見かける電子看板が個人を識別し、広告を出すデジタル屋外広告です。

例えば金曜日の夕方、駅の電子看板周辺にいる人が40代のサラリーマンが多ければ、近所の居酒屋の広告を出します。

その居酒屋広告には空席数などのリアルタイムの情報が伝達され、通常の広告より高い宣伝効果が期待できます

5Gでビジネスはこう変わる

製造業

機器の自動点検やロボットの自動制御など、5Gの大きな恩恵を受ける分野の1つです。

2019年1月、韓国通信KTは世界経済フォーラムにて、5Gの製造業の応用について述べています。

また、現代重工業とポスコは5Gによるロボット遠隔制御、自動化ソリューションを試験稼働した結果、生産性は40%上がり、欠陥率は40%低下したと報告しています。

特に地方にある工場の遠隔操作に大きな期待が寄せられています。

建設業

5Gによる建設、鉱山機械の遠隔操作の期待も大きく高まっています。

重機メーカーのコマツは2017年NTTドコモと5Gを用いた建設、鉱山機械遠隔制御システムの開発の基本契約を締結しました。

このシステムの導入によって、建設、鉱山現場の人手不足や、現場作業の危険を解消しようという試みです。

スマートメーターという通信機能を持った電力計が導入される事で、エネルギー効率の見直しが取り組めます。

警備・防犯

ドローンを用いた警備に大きな期待が寄せられています。

5Gによる動くカメラとして、柔軟な警備を可能にします。

実際に2018年には4Gによるドローンの自動巡回及び、AI解析による不審者検知が埼玉スタジアムで行われました。

5Gを活用すれば、より多くのドローンによる監視と高解像度の映像による識別、より遠くの不審者の識別配備が行われます。

またAIにより、万引きなどの不審行動も検知できるようになります。

不審者を検知できれば、警備を集中させ未然に犯罪を防ぐことも出来ます。

2018年12月、小売店のVAAKでは実証実験に成功しました。AIによる万引きGメンが一般的になる時代が来るでしょう。

B2B2X

上記に示した産業以外にも、5Gがあらゆる分野で変化をもたらしていくでしょう。

通信事業者のビジネスが大きく変わろうとしています。

今までの通信事業者のビジネスモデルはB2Xでした。

B2XとはB2B(Businessビジネス to Businessビジネス)とB2C(Businessビジネス to Customerカスタマー)の総称です。

通信事業者から企業、もしくは通信事業者から個人消費者のビジネスモデルが一般的でした。

それが5GになるとB2B2X(Businessビジネス to Businessビジネス to Businessビジネス or Customerカスタマー)になります。

通信事業者から企業そして企業もしくは個人消費者へ向けてサービスを提供するビジネスモデルです。

つまり、企業が5Gを利用したサービスを企業や個人消費者に提供するビジネスモデルが普及していきます。

真ん中のセンターBになる企業は、上記で紹介した製造業や建設業、警備、防犯以外にも当てはまります。

さまざまな分野、産業で今後5Gを利用したサービスが展開され、通信事業者は今後、影響を与えていく存在になっていくでしょう。

まだだれも想像したことのないサービスが提供されるかもしれません。

5Gの問題

期待が高すぎる?

日本では2020年の春からの運用を目標としています。しかし、5Gは運用開始直後からあらゆる場所でサービスが利用できるわけではありません。

人口の多いエリアから段階的に普及していくため、すべての国民が日本全国で利用できるには時間がかかります。

実際にいち早くサービスを開始したアメリカや韓国では、期待するような通信速度が出なかったという報告もあります。

また、実際に充分な通信速度が出たとしても、メリットを感じれるか疑問が残ります。

スマホで動画を見る、モバイルゲームをするなら今の4Gでも問題ありません。

5Gを利用した新たなコンテンツや端末サービスが提供されて、はじめて5Gが体感できるのです。

今まで紹介してきたメリットが、運用開始とともに得られるわけではありません。

過度に期待はせず、段階的に広がって行くサービスを待ちましょう。

そして、5Gへの変化をいかに自身のビジネスにつなげるかが大事です。

個人情報のリスク

5Gによりあらゆる場所で個人が自動認証できるようになり、生活は便利になります。

その一方でプライバシーのリスクも高めます。

カメラ認証による個人情報がサービス提供者に集約されるため、プライバシーの確保が重要な課題となります。

アマゾン・ゴーでは顔認証では無く多数のカメラによって来店客を識別します。

この様にして来店客の顔画像をシステムで保持しないようにし、プライバシーのリスクを回避しています。

あらゆるサービスでプライバシーの保護は必須の課題になるでしょう。

デジタル格差

都市と地方のデジタル格差が広がる問題も懸念されています。

前述の通りに5Gは人口の多い都市部から段階的に広がって行きます。

もちろん地方にも5Gの基地局がちゃんと提供されます。

しかし、大都市圏では通信需要が大きく、通信事業者も投資回収が期待できる地域に、積極的に設備投資が行われると予想されます。

充実した環境では新たなビジネスやサービスが生まれますが、そうでない地域では設備投資も呼び込むことが難しくなるでしょう。

5Gは未来のはじまり

5Gで重要なのは技術革新よりも、ビジネスモデルの変化です。

今まで4Gまでは通信事業者が中心でしたが、5Gの中心はB2B2XのセンターB事業者が中心になります。

あらゆるモノがインターネットにつながった5Gの時代に、事業者はモノでは無く、どの様なサービスが提供できるかが重要になります。

そしてアメリカではすでに6Gの研究をすでに始めています。5Gの普及もまだの状況ですが、世界はすでにその先を見据えています。

通信量は現在もなお飛躍的に増え続けており、移動通信システムは進化し新たなサービスを生むでしょう。

これらの技術を受動的に利用するだけではなく、能動的に活用していく事が重要です。

5Gを利用した新たな価値創造、ビジネスを生み出すチャンスは誰にでもあります。

5Gによりこれから想像だにせぬ世界をみるかもしれません。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

参考文献

プログラミングをおぼえよう!

これから日本はIT人材が不足すると予想されています。

エンジニアは高収入で、学歴や年齢関係なくなる事が可能。。

フリーランスになれば年収800万円以上も目指せます。

プログラマーを最速で目指せるプログラミングスクールを紹介。ご興味のある方は一読ください。

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。