【海外ノマド生活】タイのバンコクで感じたカルチャーショック

どうもこんにちは。

海外ノマド生活をしながらゲーム開発をしているカツヤです。

 

タイのバンコクでノマド生活を始めてから1ヶ月が過ぎました。

だいぶこちらの生活にも慣れて、快適なノマド生活を送っています。

 

もともと海外のドイツに留学していた経験もあり、海外生活にはなれているのですが、

はじめての東南アジアでの生活におどろく事もたくさんあった1ヶ月でした。

 

今回はぼくがタイのバンコクで感じたカルチャーショックを書こうと思います。

これからタイ移住やノマド生活を始めようとしてる方は是非参考にしてください。

交通


バンコクですがまず渋滞が毎日すごいです。

 

ぼくのような外国人から、タイの地方から来てる人などバンコクの人口はすごく多い。

 

そのためラッシュアワーの夕方になると必ず渋滞します。特にバイクの数が多い。

また、バイクは渋滞すると普通に歩道を走行します。最初見たときはかなりびっくりしましたね。

バイクに乗っている人のノーヘル率も異常に高いです。2人乗りや3人乗りはあたりまえです。

 

ガラの悪い人やヤンキーがするのかと思ったらそうでもない。

普通のおじさんやおばちゃん、はたまた普通の女子高生までノーヘルで3人乗りの歩道走行してます。

 

 

道路交通に関してはほぼ無法地帯のようです笑


ぼくがタイ移住を始めたのが10月中旬で、タイは雨季になります。

そのため、ほぼ毎日夕方か夜になると雨が降り始めます。そしてその雨の量がほんとに多い。

 

日本のようにしとしと雨が長く続くって事はほぼないです。

朝はめちゃくちゃ晴れていたのに、夕方になるといきなり雷とともに大雨が降り始めます。

いわゆるスコールってやつです。でもこのスコールはだいたい30分くらいすると弱まります。

 

 

降るのも急ですが、止むのも急なんですよね。

 

雨はすぐ止むからか、ぼくはタイ人が傘をさして歩いてるのをあまり見た事ありません。

 

むしろ雨の時は、頭にビニール袋をかぶっている人をよく見かけました笑

タイで雨が降り出したら、頭にビニール袋をかぶりましょう。

物価が安い


最近は物価が上がったと言われていますが、それでもまだ物価が安いのがバンコクです。

 

ぼくはアパート1月約2万円で40平米インターネット込み、バストイレ付きの物件に泊まっています。

 

毎日外食しかしませんが、屋台で食べれば一食大体100円くらいなので安く済ませます。

 

老後リタイアされた方や、海外ノマド生活をして生活費を安く済ませたい方はおすすめです。

 

バンコクには外資系の飲食フランチャイズ店もたくさんあります。日本食だと吉野家やかつやなど。

そういった外資系チェーン店で食べると日本と料金はあまり変わらないと思います。

くわしくはこちらをご覧ください

食べ物がおいしい


これは個人の好みもあると思いますが、タイの料理はおいしいです。

 

中には口に合わないのもありましたが、基本的に日本人にも合う味付けが多いような気がします。

特にタイ料理でオススメなのがパッタイです。

タイ風のオムレツで中の麺を卵でくるんだものになります。

タイ料理の中で一番のお気に入りになりました。その他にもタイ風のお好み焼きやたこ焼きなど、どこか日本と似ている料理も沢山ありました。

フルーツの種類も豊富です。

屋台のフルーツ屋さんや、その場でフルーツをスムージーにしてくれるお店もあります。

タイに訪れた際はぜひ屋台めぐりをして、自分のお気に入りを見つけてください。

オネエ系男子


タイといえばニューハーフ、レディボーイ、オネエ系男子のイメージが強いのではないでしょうか?

バンコクで歩いているとオネエ系男子を本当によく見かけます

 

また普通に飲食店やショップ店員として働いているオネエ男子をたくさん見ました。

タイの社会で性同一性障害の人が受け入れられているいます。

 

日本ではオネエ系自体は珍しくありませんが、まだまだ社会に受け入れられていない気がします。

日本でまずファミレスの店員や、スーパーのレジ店員で見る事はまずありませんからね。

タイのこういった個性を受け入れる社会はすばらしですね。

衛生面


前述のとおりタイって本当に屋台が多いです。

屋台が多いがゆえに気になったのが衛生面。

 

車の激しい多通りの横でも屋台を出てるので、ホコリや排気ガスなのど衛生面が気になる面があります。

またタイでは飲み水は買うものという考えがあるので、水道水は飲みません。

 

それでも気にせず飲む人は居るようですが、ぼくも飲まないようにしています。

タイでアパートを借りて、はじめて蛇口をひねり出てきた水が少し濁っていました^^

直感的にここの水道水は飲んじゃダメだと感じました笑

 

 

とはいえ屋台もいろいろあるので、ちゃんとした所に行けば大丈夫です。

ぼくはほぼ毎日屋台で朝、昼、晩食べていますが、腹痛になった事は一度もありません。

あえて衛生的にヤバそうな屋台も行った事もあります。

神経質な方は控えておいた方が良いかもしれませんね。

英語がつうじない


バンコクでノマド生活を始める前に、一度旅行で下見に行きました。

その時は町の中心部や観光地を主に行ったので、周りには英語を喋れる人が多かったです。

 

ノマド生活を始め、バンコクの郊外にアパートを借りました。

生活し始めて気づいたのが、バンコクの郊外になると英語を喋る人が極端に減ります。

そして町の屋台のメニューも英語表記のある店はめちゃくちゃ少なくなります。

 

 

バンコクの中心部に行くと、日本人向けのお店もたくさんあり、日本語表記のメニューや看板も沢山見ました。

しかし、ぼくの住んでいるバンコク郊外で日本語を見る事は皆無です。

 

それでも何かあったらスマホの翻訳を使って会話をするので問題はありません。

スマホのある時代で良かったですね^^

温厚な人が多い


何と言ってもタイの人は温かい、温厚な人が多いです。これはぼくが一番おどろいたことです。

大都市の人はイライラしている人が多い気がします。

 

これはドイツに住んでいた時、アメリカに行った時、東京に住んでいた時にも感じました。

バンコクは大都市でほぼ毎日渋滞、雨季はほぼ毎日夕方に大雨が降る、このような場所ですがイライラしてるを人をあまり見たことがありません。

 

タイの文化で何でも気にしないというのがあるみたいですね。

前述のカルチャーショックの紹介で、ちょっとタイの愚痴っぽくなっていますが、ストレスになる事はありません。

それはぼくがタイ語を喋れなくてもイラついた対応をされた事が無いからだと思います。

 

 

タイの南国気質の文化で、穏やかな人が多いこの国が大好きになりました。

移住やノマド生活を考えている方は、一度住んでみる事をおススメします。きっと気に入ると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

海外格安航空券!

速い!安い!便利!

どこよりも安く海外旅行に!

世界643路線・123社の航空会社の海外格安航空券をお取り扱いしております国内最大級の海外格安航空券予約販売のサイトです。

業界最速で最安値検索!会員登録も不要!ビジネスやプライベートにも是非ご利用下さい!

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。