【VR業界へ転職】未経験からVR業界で仕事を得る方法

今後拡大するVR業界に未経験から転職したい。
未経験でVR業界で転職、仕事を得る事ってできるの?

結論から言うと可能です。

 

今回はUnityエンジニアのぼくが、未経験からVR業界で働く方法を紹介します。

今後VRエンジニアはどんどん必要になっていきます。

需要も高く、希少性もあるので、VRエンジニアは給料が高くなるでしょう。

VRにエンジニアになりたい方はぜひ参考にしてください。

VR関連の仕事は増える


まずVR市場が拡大する理由を説明いたします。

 

2019年、アメリカ、韓国では5Gの運用が開始されました。日本では2020年春に運用開始を予定しており、この5GもVRの市場拡大に大きな関係があります。

5Gにより高速大容量通信、超低遅延、複数同時接続が可能になりました。

 

これにより大量のデータが必要なVRの通信がスムーズになり、いつでもどこでもVRを楽しめるようになります。

VRのスポーツ観戦、VRライブ、VRのオンラインゲームなどが、5Gと同時に今後もっと普及していくでしょう。

 

また世界の著名な企業もVR業界には注目しています。

 

2014年FacebookがVRヘッドマウントディスプレイを開発しているOculus(オキュラス)を20億ドル(約2000億円)で買収しました。

当時オキュラスは創業わずか1年半の企業で、開発用の試作機しかなく、売り上げはほぼありませんでした。

 

アメリカの著名な金融機関ゴールドマンサックスはVR・ARの関連機器の市場規模は2025年に最大で
1200億ドル(約12兆4000億円)に達すると予想しています。

 

これはテレビやノートパソコンの市場規模と1000億ドルと全く引けを取らない数字です。

このように世界有数のIT企業や金融機関が、VR市場に対して大きな期待を寄せています。

 

VR市場は今後、確実に拡大するでしょう。

VR業界で仕事


VR業界で今後必要になる人材は、VRを開発する人です。

 

主にVRエンジニアと3Dアーティストの需要が増えると予想されます。

それぞれを深堀して解説していきます。

 

VRエンジニア

VRエンジニアはVRのシステムを開発する人です。

 

VRはゲームエンジンを使って開発されます。ですのでVRエンジニアはゲームエンジンが使いこなせなくてはなりません。

 

VRを開発する代表的なゲームエンジンはUnityユニティ、UnrealEngineアンリアルエンジン、CryENGINEクライエンジンの3つです。

 

個人的にはUnityがオススメです。理由はUnityが一番普及しており、情報が溢れているので勉強しやすいです。

さらにUnityはコミュニティの活動も活発で、ゲームジャム(大勢が集まって時間内にゲームを作る)などのイベントも盛んに行われています。

3Dアーティスト

VRの仮想空間上で表示する、3Dの素材、または3Dアニメーションなどを作成する人です。

3Dアーディストはその名の通り、芸術的なスキルと3Dソフトの知識が必須になります。

 

3DソフトはBlenderブレンダー、Mayaマヤ、3Dmax3Dマックスなどが代表的な物です。

 

Blenderはオープンソースのソフトウェアで、無料でダウンロードできます。

Mayaと3Dmaxは高額なソフトウェアの為個人で買うのはおススメしません。

 

作成される3D素材はクオリティの高いものでなくてはいけません。

今後ますます大容量で通信が可能になるため、求められるクオリティは年々高くなっていくでしょう。

未経験からVR開発のスキル

独学で身に着ける方法

未経験からVRエンジニアや、3Dアーティストになる方法の1つとして、独学で身に着ける方法があります。

 

現在は書店で多くゲームエンジンの扱い方や、3Dソフトに関する本があります。

またYoutubeなど無料で視聴できる動画でも、クオリティの高い教材が多くあり、無料で独学する事も可能です。

 

実際に多くの人が独学でゲームエンジンや3Dソフトを学び、転職したり、世に作品をリリースしています。

独学の欠点は、分からない時に質問できる相手がいない事でしょう。

 

そのため自分で解決する能力はつきますが、スキルを習得するのに時間が掛かる可能性があります。

また1人だとモチベーションを維持するのが難しく、学習中に挫折するかもしれません。

長所:学習コストが低い、無料で身に着ける事もできる
短所:習得に時間がかかる。モチベーション維持が難しい。

スクールに通う

ゲームエンジンや3Dソフトの扱い方を最速で学びたいなら、スクールに通う事が良いでしょう。

 

個人に合わせてカリキュラムを組んでくれ、講師により疑問点にはすぐに答えてくれたりと、とにかく未経験者を手厚くサポートしてくれます。

すぐにでもVR開発者として働きたい方にはおススメです。

 

1つ欠点があるとしたら、スクールは安くはありません

1ヶ月の月謝が数万円するのがほとんどです。それでもVRエンジニアは給料が高いので、就職できればすぐにでも元は取れるでしょう。

経済的に余裕のあり、最速で仕事獲得を目指したい方向けです。

長所:手厚いサポート体制。最速でスキル習得ができる。
短所:月謝が高い

未経験からVR業界へ転職活動

ポートフォリオを作ろう

まずはポートフォリオを充実させましょう。今の自分がどんな事が出来るのか、作品集を作り技術力をアピールします。

実務未経験ならなおさら良いポートフォリオが必要になります。

 

VRエンジニアなら実際にアプリを開発して配信したり、3DアーティストならモデリングやアニメーションをYoutubeに配信するのも良いでしょう。

ポートフォリオに決まった形式はありません。自分をアピールできる最良の方法を考え、ポートフォリオを作りましょう。

自分で売り込む

求人情報を見て連絡するのが一番一般的な売り込み方ですね。

 

それ以外にも気になる会社があれば、採用担当に直接メールを送っても大丈夫です。

未経験での採用は正直言いますと難しいです。ですのでとにかく数多く自分を売り込みましょう。

 

100件の会社にメールを送って1件でもメールが帰ってきたら上出来です。

面接まで行けたらとにかく自分をアピールしましょう。VR開発に関係ない事もアピールして大丈夫です。

 

もし採用まで行けなかったとしても、自分に何が足りなかったのか聞いてみるのも良いと思います。

それから次に生かしてまたチャレンジしましょう。それくらい未経験から仕事を得るのは大変です。

エージェントに相談

未経験から仕事を紹介してくれるエージェントさんも存在します。

 

そのようなエージェントさんに相談しながら転職するのもアリだと思います。

エージェントさんは転職相談のプロなので色々相談しましょう。

 

未経験ながらもアピールできる職務経歴書の書き方や、履歴書の書き方、面接のアピール方法などを面倒見てくれます。

 

自分で売り込みもやりながら、エージェントさんにも相談する方法が一番早く転職できると思います。

とにかうめげずにどんどんチャレンジしましょう。

VR業界での職は増える


前述のとおり、VRの市場規模拡大するのはほぼ間違いありません。

このVRの普及の波に乗ってれれば、VR開発者として仕事は引く手あまたでしょう。

 

VRの技術は日進月歩であり、新技術もどんどん出てきています。

体全体の動きを感知、身体に衝撃を与えるVRジャケットなども開発されました。

最終的にVRはARと合わさりMR(Mixed reality 複合現実)になるともいわれています。

さらにヘッドマウントディスプレイの小型化が進み、メガネほどの大きさになり、コンタクトレンズのサイズになると予想されています。

このような未来を想像するとワクワクしてきますね。

 

VRの進歩と発展に期待しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。