【海外生活】海外ノマドをオススメする理由

こんにちは。タイのバンコクでノマドをしながら生活しているカツヤです。

タイのバンコクに引っ越してきてから1ヶ月以上が過ぎ、順調にノマド生活をしております。

今回はぼくが海外ノマド生活をオススメする理由を紹介いたします。

海外ノマド生活に興味がある、海外移住してみたい方の参考になれば幸いです。

海外ノマドって何?


ノマド(Nomad)とは英語で遊牧民を意味する言葉です。

遊牧民とは特定の場所に住居を構えず、住居を転々とする民族の事です。

 

イメージとしてはモンゴルの草原で暮らす遊牧民などがそうでしょう。

遊牧民のように、オフィス以外のさまざまな場所で働くワークススタイルをノマドワーキングと言います。

 

情報化社会の技術進歩により、遠く離れた人との意見交換や情報伝達が可能になりました。

この様な技術進歩の恩恵により可能になった、新しいワークスタイルです。

 

つまり会社に行かなくとも、インターネットを通じて日本の会社と仕事をする。

作業場所はネット環境があれば自宅でも、カフェでも図書館でも良い。

 

また海外に移住して仕事する人を海外ノマドワーカーと呼んだりもします。

今現在ぼくはこの海外ノマドで働いているのですが、なぜ海外ノマドをオススメするか次に説明いたします。

海外ノマドをオススメする理由


海外ノマドをオススメする第一の理由が、物価の安い国に住めるからです。

 

ぼくは現在タイのバンコクに住んでいるのですが、家賃は日本円で約20,000円ほど、1食150円ほどで生活しています。

家賃20,000円+食費 1食150x3x30(33,500円)=53500円

食費と家賃で約53500円 その他に生活必需品、交通費、携帯料金、ジムなどの料金を含めると

1ヶ月の生活費が7万円から8万円くらいです。

 

東京で生活するのより格段に安く済みます。

何か目的があってお金を貯めようとする方には最適です。

 

また、タイ以外にもフィリピンセルビア、最近はジョージアが海外ノマドワーカーに人気の国です。

 

特にフィリピン、セルビアは英語が堪能な人が多く、語学留学も兼ねて移住する人も多いそうです。

安く住めて貯金が出来る、海外で語学留学もできる。

 

日本のパスポートがあれば、こんな自由でお得な生き方が可能なんです。

次にノマドワーカーとしてどんな仕事があるのか紹介いたします。

海外ノマドはどんな仕事がある?


海外ノマドでタイやセルビアなどの物価の安い国に住む場合、現地で働く事はオススメしません。

物価が安い国ですので、稼げるお金も少ないです。

インターネットで稼ぐ方法として挙げられるのが、

・ブログでアフィリエイト収益

・Youtubeで広告収入

・インターネットで日本から仕事を得る

などがあります。

ブログでアフィリエイト収益やYoutubeの広告収入は、稼げる人だと月100万以上稼げたりします。

すでにある程度収益のある方なら問題ありませんが、稼げるようになるまで時間が掛かります。

 

ゼロから始めるのに一番いいのがインターネットで日本から仕事を得る方法です。

 

ネットから仕事を得るのにはクラウドソーシングなどで仕事が受注可能です。

代表的なところでいうとランサーズクラウドワークスなどです。

プログラミング、デザイン、ライティングなど様々な分野での仕事があります。

 

その他に在宅ワーク紹介サイトから仕事を得る方法があります。

WEBスキルを活かして在宅ワークするなら
月額固定・長期案件【TEAMWORKERS – チームワーカーズ – 】

高単価の在宅ライターサービス【プラチナライター】


さまざまなジャンルの仕事があるので自分の得意分野で仕事を探しましょう。

 

今一番需要のある分野がプログラミングです。

特定のプログラミング言語でスキルがあるなら容易に仕事が見つかると思います。

 

プログラミングの実力があれば、自分で売り込みを行い、会社から仕事を得る事も可能です。

ノマドをやるには一番手っ取り早い方法です。

 

「プログラミングのスキルが無いから無理だ、、、」

とお考えの方でも大丈夫です。

 

未経験からでも独学やスクールに通って技術を習得してから、自身で売り込みを行い仕事を得る事も可能です。

むしろ今はエンジニア不足なので未経験からも仕事は全然あります。

 

かく言うぼくも日本の複数の会社からゲーム開発の仕事をもらい生計を立てています。

興味のある方はこちらもご覧ください。

 

人気記事:ゲーム業界に未経験から転職する方法

海外ノマド生活で困る事


海外で生活をしていると不便な事もたまにあります。

特に海外での生活に慣れていないと、ストレスを感じる事もあるかもしれません。

 

ですが、たいていの事はスマホかクレジットカードがあれば何とかなります。

もし英語が得意でなくても、現在はグーグル翻訳でコミュケーションできますし、問題ありません。

 

ぼくが海外ノマド生活で感じた、海外ノマド生活に向いている人の特徴を紹介します。

・食べ物の好き嫌いが無い人
・細かいことを気にしない人
・自立心のある人

まず食べ物の好き嫌いが無い事が大事です。

そもそも海外の食事は日本の食事と違うので、何でも食べれた方が良いです。

好き嫌いがあれば、レストランやメニューを選ぶのに毎回労力をかける事になります。

 

次に細かいことを気にしない人です。

海外はもちろん文化が日本と全く違います。

 

日本のサービスや人の対応と比べてしまうと、「あれ?」と思う事もあると思います。

ですが「郷に入っては郷に従え」という言葉があるように。

違いを文化として理解できる必要があります。細かいことを気にしない事は本当に大事です。

 

最後に自立心のある人です。

この記事を読んでいる人で、そんな人はいないと思いますが、依存体質で誰かに頼りっきりの人は向いていません。

何か問題が起きたら自分で解決できる人、冷静に対処できる能力が必要になります。

海外ノマド生活はかんたん


海外ノマド生活をやるには特別な技術は必要なく誰でもできます。

英語などの高い語学力も必要ありません、現在はスマホがあれば翻訳出来ますし、何とかなります。

 

またプログラミングを学ぶのにも海外に移住するのもアリかとおもいます。

日本である程度貯金していき、物価の安い国に暮らしてプログラミングのオンラインスクールで勉強する人もいるそうです。

1人で異国の地に行けば、その分集中して勉強できますし、生活費も節約できます。

 

その後日本で就職するもよし、そのままネットで仕事を探し、別の国へ移住するもよしです。

考え方次第で色んな事が可能です。

選択肢の一つとして考えて見てはいかがでしょうか?

さいごまで読んで頂きありがとうございました。

 

人気記事:オススメプログラミングスクール

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。