【AI】AIの時代に必要なる職業 ディープラーニングエンジニア

AIの時代になると人間が職を奪われる。自分の職が無くならないか心配。。。

このような話を聞いた事ありませんか?

 

20年以内に、日本の労働者の49%の仕事が機会に置き換えられると予測もされています。

間違いなくAIにより人間の職は奪われていくでしょう。

 

そんなAI化の社会で必要になる職業、人手が足りていない職業もあります。

 

今回はAIの時代に必要になる職業を、エンジニアのぼくが解説いたします。

またこの職業は今から目指す事は誰でも可能です。現在人手不足なので給料も高いです。

その職業のめざし方も紹介いたしますので、最後まで読んで頂けると幸いです。

AIとは


AIの定義は時代とともに変わってきたので、具体的な定義は難しいです。

AI 「Artifitial Inteligence(人工知能)」とは「コンピューターに知的な作業を行わせる技術」

 

現在のAIブームのAIを定義するならば、主軸となっている「機械学習」といえるでしょう。

 

これは大量のデータからビジネスに役立つ知識を抽出する技術のことです。

 

大量のデータとそれを高速に処理するコンピューターがそろったことで、今まで困難だったことがAIで実現できるようになりました。

 

その中心技術となっているのがディープラーニングです。

このディープラーニングに関連したエンジニアの需要が、今後ますます増えると予想されています。

 

つぎにこのディープラーニングエンジニアについて深堀して解説します。

AIについてはこちら

AIの時代に必要な職業


AIの時代に必要になる職業は、ディープラーニングエンジニアです。

現在ディープラーニングに関連したエンジニアは非常に少ないです。

これからAI市場が拡大していくのにも関わらず全然人材がいません。

 

これは日本もアメリカも中国も同じです。

今後企業からの需要が急激に増えると予想されています。

 

アプリやゲームのエンジニア月給が40万円~80万円なのに対して、ディープラーニングエンジニアは最低でも100万円と言われています。

現在は人手が世界中で足りていないので、100万出しても雇いたい企業が複数存在するのも事実です。

つぎにディープラーニングエンジニアのなりかたを紹介いたします。

ディープラーニングエンジニアになるには


ディープラーニングエンジニアになるには、プログラミングの知識が必須です。
python、C、C++、JavaScript、JAVAなどです。

 

プログラミングは独学Youtubeなどの動画で学んだり、スクールに通って勉強する方法があります。

独学やスクールのどちらでもプログラミングは習得可能です。

 

独学の良い所は学習コストが抑えられる事です。

プログラミング関連の本はだいたい1000円から2000円で高くても5000円くらいです。

動画の勉強でもドットインストールは有料版で月額980円、Youtubeは無料で学べます。

 

問題点は1人で学習を進めていると、モチベーションの維持が難しい事分からない時に質問する人がいない事などです。

意思の強くない人などは、学習に時間がかかる事もあります。

 

それに比べてスクールの長所は整った学習環境と圧倒的なサポート体制です。

個人に合わせたカリキュラムを組んでくれますし、メンターによる定期カウンセリングもあります。

最速で技術を身に着ける事が可能でしょう。

 

問題点があるとしたら値段が高い事です。

プログラミングスクールは月謝が高く数万円します。

 

それでもエンジニアとして就職したら高い給料がもらえますので、簡単に元は取れるでしょう。

 

そのほかプログラミング以外にも数学の知識も必要です。

現在はディープラーニングエンジニアを目指す人の為の、数学の本も多数出版されています。

オススメは「人工知能プログラミングのための数学がわかる本」

ディープラーニングに関する数学が0から分かりやすく理解できます。

未経験では無理?

エンジニア未経験ではむりでは?理系の大学を卒業しないと難しいのでは?

このような声もあると思います。

 

たしかにエンジニアの実務未経験だと仕事を探すのが難しいです。

また理系の大学で勉強してなければ、数学に慣れてないかもしれません。

 

ですが、未経験でも就職は可能ですし、チャンスは全然あります

前述のとおり、現在は人が足りていない状況なので、学歴云々よりも現場での即戦力を求めています。

 

あなたが未経験だろうが、大学に行ってなかろうが会社にとって役に立つ人間は雇われます。

独学でもスクールでもある程度学んだら、自らポートフォリオを作り売り込みを開始しましょう。

 

最初は難しいかもしれませんが、挑戦と改善を繰り返していけば職にあり着くことは可能です。

確実に必要になる職業


ディープラーニングエンジニアに限らず、エンジニアの需要は今後増えていくと予想されています。

プログラミング教育の必修化も始まりましたし、今後社会で必要になっていくのは言うまでもありません。

 

またどんな職についても、これからAIの時代はAIと上手く付き合っていく必要があります。

ディープラーニングエンジニアとのかかわりも必然的に増えていき、一緒に仕事をする機会が高い確率であると思います。

 

今からでもディープラーニングエンジニアを目指す事も全然可能です。30歳を超えてでも可能ですが、若ければ若いほど有利だと思います。

学歴が関係なしに稼げる分野は、エンジニア以外にはなかなか無いでしょう。

 

今需要のあるから目指せ、将来のAI社会の発展に貢献できる魅力的な分野です。

AIのつくる未来に期待しましょう。

さいごまで読んで頂きありがとうございました。

 

 

プログラミングをおぼえよう!

これから日本はIT人材が不足すると予想されています。

エンジニアは高収入で、学歴や年齢関係なくなる事が可能。。

フリーランスになれば年収800万円以上も目指せます。

プログラマーを最速で目指せるプログラミングスクールを紹介。ご興味のある方は一読ください。

Follow me!

共有:

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。

Technology