【日本の終了】日本は確実に衰退する。自分の身は自分で守るべき

こんにちは。

みなさんは日本の将来は今後どうなるとお考えでしょうか?

テレビや新聞やネットなどで、色々と日本の社会問題を知る機会も多いと思います。

ぼくは日本の将来、経済はかなりヤバい状況かと思います。

自分の身を守る為にも、今後は日本では無く海外を拠点に生活をしていくつもりです。

現在ノマド生活しているのも、その理由の一つです。

今回はなぜ日本の終わりが近いのか、自分の身は自分で守らなければいけない話をします。

日本は確実に衰退する


日本は思っている以上に深刻です。

2013年からアベノミクスの効果もあり、日本の経済は好調を維持してきました。

ですが東京オリンピックの終わる2020年9月を頭打ちに、経済は低迷すると予想されています。

国際貿易投資研究所の調査ではGDPは2035年に向かって縮小すると予想。

日本ではあまり危機感を持っている人は少ないと思いますが、状況はかなりヤバいです。

今後衰退していくのは間違いありません。

ではなぜ日本経済が衰退してくのか、理由と一緒に深堀して解説していきます。

日本が衰退する理由


日本は現在様々な社会問題に直面しています。

人口減少、超少子高齢化、年金制度の崩壊、終身雇用制度の崩壊、ブラック企業、、、

中でも経済が大きく衰退していく大きな要因の一つが、人口減少と超少子高齢化社会です。

日本の人口は2050年には9,515万人になると予想され、人口の40%は高齢者という時代が訪れるでしょう。(総務省)

2065年の労働力人口は4,000万人になり、労働参加率は現状の50%となる見込みです。(みずほ総合研究所)

労働者人口の減少により今までの年金制度を維持していくのが困難になります。

年金制度の崩壊は皆さんも一度は聞いた事があるでしょう。

完全に貰えなくなるというのは無いと思いますが、年金受給額の減少と年金給付年齢の引き上げは間違いなく行われます。

老後の生活を国の年金だけで暮らしていくのは間違いなく不可能です。

労働人口減少の対策として外国からの移民受け入れ、ロボットAIの活用が挙げられます。

AIの活用は一部の仕事で使えるレベルですが、まだ人間に完全にとって代われるレベルではありません。

AIについての記事はこちら

では外国人労働者を多く受け入れるのはどうか。

おそらくこれも上手くいかないでしょう。

なぜなら日本の「ブラック企業」という言葉があるように、世界で日本労働環境の劣悪さは有名です。

ぼくは海外で多くの外国人から日本の労働環境についてよく聞かれました。また「過労死」も国際語となっております。

外人にとって日本の労働市場は魅力的ではなく、中国やアメリカのような国が人気です。

実際に多くの能力のある優秀な若者の日本人も中国やアメリカの企業に引き抜かれています。

日本企業より良い給料が出る海外企業が魅力的なのは言うまでも無いでしょう。

さらに問題なのが日本の労働者の意識の問題です。

こちらの記事をご覧ください。アジア太平洋地域(APAC)14の国地域の主要都市の人々を対象にした働く人の意識調査です。

分かりやすく調査結果をまとめますと以下のようになります。

・出世意欲のある人 最下位

勤務先以外での学習や自己啓発する人 最下位

・起業・独立志向のある人 最下位

・女性上司の下で働くことに抵抗はない人 最下位

・外国人と一緒に働く事に抵抗ない人 最下位

・年下上司のもとで働くことに抵抗ない人 ワースト2位

・勤務先の満足度 最下位

・今の職場で働き続けたい人 最下位

・転職意向のある人 最下位

要するにまとめると日本の労働者は

平社員のままでいたい、勉強しない。

女性の上司も嫌だし、年下の上司も嫌だし、外国人と働くのも嫌だ。

今の職場には不満があるが、転職活動はしない。

ヤバすぎですね^^

特に職場に不満があるのに勉強もしないし、転職などの行動もしない。

もはや意味不明です。

労働人口が減り生産性が求められる中で、この絶望的な意識の低さは控えめに行って終わってるでしょう。

日本経済、社会がかなり深刻な状況になるのが、容易に想像できます。

自分の身は自分で守れ


前述のとおり経済は疲弊していくのはほぼ間違いないでしょう。

普通に日本の会社で働いてるだけでは生活は良くなりません。

生活を良くしたいなら何か副業を始めたり、勉強して技術を身に着ける、また海外に脱出するのもアリだと思います。

最近は海外移住をする若年層が増えており、今後も海外移住する人は増えてくるでしょう。

著名人でいうと

・与沢翼さん ドバイ、タイ、マレーシア


・西村博之さん フランス


・新庄剛志さん インドネシア


・GACKTさん マレーシアなど

などの著名人の方が海外移住をしています。

自分の場合も海外を拠点に活動する事を決めました。

現在はタイのバンコクに住んでいます。

東南アジアは日本と比べると物価が安いです、リモートで日本から仕事が得られればかなり貯金が可能です。

ぼくはゲーム開発の仕事をしており、現在はエンジニア不足でのため仕事もあり、いい給料をもらう事が出来ます。

またこのようにブログを書いて情報を発信したり、自身でアプリを作ったり、収入を多角化できるように計画中です。

タイの物価は安く、バンコクの家の家賃は20,000円で一食150円くらいで暮らしてます。

興味のある方はこちらもご覧下さい。

また、海外に移住すると住民税と年金の支払い義務が無くなります。

年金は任意で加入できますが、年金の脱退を選択しました。

悩みましたが、年金払わない分を自分で資産運用した方が良いと思ったからです。

年金受給額は少ないのは分かってますし、自分で運用したほうが利益を生み出せると思い、また、自分でやれば結果はどうなろうとも納得できますからね。

自分の場合は海外移住ですが、何が正解かは人それぞれです。

大事なのは自分と向き合い、どうすべきなのか考える事だと思います。

日本は大切にすべき?

自国は大切にするべきでは?
日本の社会の為に貢献するべき。
日本が良くなるために行動するべき。
日本を見捨てるのは悲しい。。

この様な意見も理解できます。

ぼくも生まれ育った日本が衰退するのは悲しいですし、今後新興国にどんどん抜かれるのは寂しいです。

ですが日本の政府は国民をとっくに見捨ててるし、国民を大切にする気は無いと思います。

上級国民下級国民という言葉をご存知でしょうか?

最近のニュースであった、池袋暴走死亡事故や森友学園の公文書改ざん問題。

官僚の偉い人なら車で人をひき殺しても刑事罰に問われない。

公文書を改ざんしても罪に問われない。

そして、一般国民に年金は満足に受給されない。

消費税増税。

これが今の日本です。

結局一部の上の人間たちが得して、大多数の国民の事は何も考えてないです。

経済が疲弊し来たらもっと自分たちの都合の良いようにするでしょう。

愛国心はや民族主義は一部の偉い人に利用されると思います。

悲しいことに第二次世界大戦では多くの若者が国の為と愛国心を洗脳され死んでいきましたね。

日本の社会は変わるべきとも思います。

ですが、ぼくは世の中を変えるようなエネルギーを持ってませんし、自分の事でだけで精一杯です。

家族と大切な人を守る事しかできません。

自分の身を守る為にも、日本から出ていくという選択肢も考えるべきです。

現実を受け入れ行動しよう

すごく暗くなる事ばかり書きましたが、残念ながら全て事実です。
日本が衰退する現実を受け入れなければなりません。

それでは僕たちはどうすればいいのか?

この記事を読んで下さった皆さんにお伝えしたいのが、常に勉強し行動し続けることです。

今までの日本の社会のように、会社で年を取って給料が上がるという事はほぼ100%無くなります。

そして、リストラもどんどん増えてくるでしょう。

勉強してスキルを磨きあなた自身の市場価値を上げなければなりません。
勉強する内容は何でも大丈夫です。

今の業務に関わる事でも、新しい全く別のことでも何でも良いです。

大切なのは会社の看板を取った、あなた自身の価値や技術が市場に認められる事です。

勉強したいけど何を勉強したら良いかわからない。。

そんな方におすすめしたいのが英語プログラミングです。

この2つは勉強しておくことを強くおすすめします。

英語は世界の共通語であり、英語ができるだけで世界の人とコミュニケーションが取れます。

今後日本の経済が日本だけで成り立っていくのが不可能な中、世界を相手にしたビジネスを展開しなければならないのは必須です。
どんな業界で働こうとも、英語が重要になるのは言うまでもありません

英語を学ぶことのメリットは、以前詳しくこちらの記事に書きました。
興味のある方はこちらもご覧ください。

オススメ記事 英会話を勉強するメリット

そしてもう一つがプログラミングです。
なぜプログラミングをおすすめしたのかというと、今IT人材の不足が問題になっており、今後も深刻な人材不足が続くと予想されているからです。

経済産業省によると2015年の人材不足規模は約17万人で、2030年には約59万人に達すると予測されています。
(出典元:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」)

今市場でニーズのある技術で人材も不足しているので、給料も高い傾向にあります。
その分野で技術を身に着ける事は大きな武器になります。

そしてプログラミングって思っているより簡単です。

プログラミングのメリットについてもっと知りたい方は、こちらもご覧ください。

オススメ記事 プログラミングを学習するメリット

また、エンジニアにならなくとも今のテクノロジーの流れを勉強する事をおすすめします。
どの分野で働くにしてもIT業界と関わる事になると思います。

なので最新テクノロジーを知ることは非常に大事。

テクノロジーの知識だけは常にアップデートさせ続けましょう。

英語とプログラミングを紹介しましたが、何を勉強しても良いでしょう。
どれが正解でどれが不正解とか無いです。

そして勉強が活かせるかどうかは、すべてあなた次第だという事を覚えておいてください。
これをやったら一生安泰は無い、そもそも安定など存在しないです。

ぼくが大事にしているサッカー選手本田圭佑さんの言葉を紹介いたします。

なげいて愚痴を言っても始まりません。

その時に自分で考えて正解を考えていくのが大事になるでしょう。

これからは誰も守ってくれないので自分自身が強くなる必要があります。

偉そうな事を書きましたが、それは僕も一緒です。

今後も常に勉強して成長し続けなければならないと思ってます。

この記事を読んだ方が何かを感じ取って、行動に移してくれたらうれしいです。

さいごまで読んで頂きありがとうございました。


Follow me!