タイでインターネットに接続する方法【おすすめ4選】

タイに旅行に行くけどインターネットはどうやってつなげるの?
タイでインターネットに接続するの方法を知りたい。

こんにちは。海外ノマドワーカーのカツヤです。

タイで安心して旅行するためにも、スマホがインターネットに接続できるのって重要ですよね。
そこで今回はタイ在住経験もあるぼくが、タイでインターネットに接続する方法を紹介します

これからタイに旅行に行く方、出張、移住、ノマドする方はぜひ参考にして下さい。

タイでネット接続する方法4選

タイでネットに接続する方法は大きく分けて4つです。

・海外データローミング

・現地でsimを購入

・フリーWifi

・レンタルwifi

ネットに接続する方法はたった4つしかありません。
それでは次に深堀して解説していきます。

海外データローミング

データローミング機能をオンにすると、日本の携帯会社が提携する「現地の携帯会社」の電波を利用することができます。
つまり、日本のキャリアでスマホが海外で使える仕組みです。

日本の携帯会社がそのまま使えるなら、この方法が一番いいんじゃない?

ですが、この方法には問題があります。データローミング通信は、契約した料金プランの適用外です。
1パケット〇〇円、通話10秒〇〇円という「従量制課金」で計算されます。

知らずに使って帰国後に高額請求されるという事も。。

日本の大手3社の携帯キャリアでは、海外のデータ通信定額サービスをやっています。

日本の大手3社

24.4MBまで 1,980円/1日
無制限 2,980円/1日

24.4MBは10分の動画を見たら確実に超えるでしょう。
使い放題は嬉しいですが、割高ですね。

また、たいていの格安SIMの会社は、海外ローミングのデータ通信に対応不可です。
なのでライン、フェイスブック、インスタグラムも必然的に見れません。

海外ローミング対応の格安SIMの会社も数少ないですが、少しあります。
気になる方はこちらもチェックしてみてください。

海外でも使える格安SIM Chat Wifi-SIM

デメリット

・知らずに使って高額請求されることも
・海外定額プランを申し込んでも1日あたりの利用料金は割高
・ほとんどの格安SIMは海外でデータ通信不可

メリット

・そのまま使えるので楽な方法

こんな人にオススメ

・お金に余裕がある人
・めんどくさい手続きがしたくない人

タイでSIMを購入

タイの携帯キャリアのSIMを購入する方法です。
旅行者向けのプリペイドSIMもあり、格安で購入することができます。個人的に一番おすすめの方法です。

空港にSIMカードの売店があるので、到着したらすぐに購入しちゃいましょう。
手続きも難しい事は無く、ほんの10分ほどで終わります。

AISのSIM売店

おススメがAISのトラベラーSIMです。こちらは 8日間3GBの299バーツ(約1037円)のタイプです。
8日間と書いてありますが、追加金をチャージすればその後も使えます。
また、チャージはコンビニでも自販機でも、AISのショップでも対応可能。

1カ月以上のタイにロングステイする方にもおすすめです。

8日タイプ以外にも、3日や4日のタイプもあった気がします。
詳しくは店頭でお問い合わせすれば対応してくれるでしょう。

ただこちらの方法は現地で購入するので、英語に不安のある方、
海外でのコミュニケーションに自身のない方はすこし難しいかもしれません。

またスマホの端末がSIMフリーじゃないと、海外のSIMは利用できないです。
タイのSIMを利用したい人は、ご自身の携帯がSIMフリーかどうか確認しておきましょう。

デメリット

・海外でのコミュニケーションに慣れていないと難しかも
・SIMフリー端末じゃないと使えない

メリット

・料金的に一番お得な方法

こんな人にオススメ

・海外でのコミュニケーションに問題ない人
・いちばん安くどこでもネットにつなげたい人

フリーWifi

フリーのWifiのみに接続する方法です。
タイだと空港やレストラン、ホテル、カフェ、バーに行けばだいたいフリーWifiがあります。

フリーWifiなのでもちろんタダで利用できちゃいます。

ただ、毎回ネットを使うときにお店を探したり、移動中に使えないのはかなり不便です。
また、フリーのWifiって簡単にハッキングする事ができるので、セキュリティ上もあまりおススメ出来ません

デメリット

・接続場所が限られるので、かなり不便
・ハッキングされる危険性もある

メリット

・一番お得な方法

んな人にオススメ

・タダで済ませたい人
・インターネットをほとんど利用しない人

レンタルWifi

日本でポケットWifiをレンタルする方法です。
ネットでWifiの予約をして空港で受け取り、帰国したら空港に返却します。

タイ国内でやる手続きはいっさいありません。
全て日本国内で完結するので、海外でのコミュニケーションに不安のある方でも安心です。

ぼくもSIMフリーのスマホを手に入れる前は、レンタルWifiを頻繁に利用していました。
おすすめはグローバルWiFiです。

グローバルWifi料金表

300MB  970円/1日
600MB  1,170円/1日
1.1GB  1,370円/1日
容量無制限 2,070/1日

(早割適用の場合)

グローバルWifiさんはラインでチャットサポートも行っているので、何かあったらすぐに対応してくれます。
以前ぼくが利用した時「もう1日長く使いたい」という要望をラインのチャットで伝えたら、すぐに対応してくれました。

また、PC、タブレットの複数のデバイスが接続できたり、友達とシェアして安く出来るのも魅力です。
容量無制限プランもあるので、仕事で利用したい人にもオススメできます。

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

デメリット

・毎回チャージするのが少し面倒

メリット

・日本の空港で受け取りと返却ができる

・複数のデバイスが接続できる

・複数人とシェア可能

・要領無制限プランがあるので、仕事にも使える

こんな人にオススメ

・海外でのコミュニケーションに不安な人

・SIMフリー端末を持っていない人

・複数の端末と接続したい人

・容量無制限プランを使いたい人

まとめ

ぶっちゃけどれがオススメ?

4つの方法を紹介しましたが、個人的には現地SIMを購入するかレンタルwifiの2択がオススメです。

海外でのコミュニケーションに自信がない、SIMフリーのデバイスが無いならレンタルWifi。
海外旅行慣れしている、SIMフリースマホを持っているなら現地でSIMを買いましょう。

ぼくはSIMフリーのスマホを使う前や、友達と複数人で旅行に行った時は毎回グローバルWifiにお世話になっていました。
SIMフリーのスマホを利用してからは、海外のどこに行っても現地でSIMカードを買っています。

とはいえ、全くネットを利用しない人はフリーWifiのみに頼るのも良いですし、出張でPCを介して本社に連絡したりする方は大容量プランが良かったりします。

ご自身のタイ滞在計画に合わせて選んでみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

海外WiFiレンタルのグローバルWiFi

Follow me!

  • カツヤ
  • 海外ノマドエンジニア

    主にゲーム、アプリ開発や海外ノマド生活についてブログを書いてます。

    法政大学人間環境学部卒業→ドイツ・ベルリン留学→帰国ゲーム開発会社に就職→ 独立、フリーランスになり海外ノマド生活開始

    Unity Android、iOSアプリゲーム開発
    Egret Engine HTML5ゲーム開発