【Unityで学ぶC#プログラミング⑩】タグとは

プログラミング初心者向けのUnityで学ぶC#講座。

初心者にもわかりやすく、なるべく専門的な用語をなくして簡単に説明します。

今回は「タグ」について解説いたします。

この記事を読むと以下の事が分かるようになります。


タグとは

タグのついたゲームオブジェクトの探し方

タグを理解する事はUnityゲーム開発で非常に便利です。

ぜひ理解してどんどん活用してください。それではさっそく説明していきます。

タグとは

タグはインスペクターの上部に確認でき、デフォルトではUntaggedになっています。

いったいこのタグを使うのが何で便利なのかというと、タグを使うとオブジェクトをグループにまとめて一括で操作できるようになります。

たとえば、フィールド上の敵を一括で削除したい、

特定のアイテムを見つけたい、

当たり判定で、味方の攻撃はダメージをもらわないようにする

などの時に使えます。

タグの追加方法

Untaggedをクリックするとプルダウンでタグのリストが表示されます。
デフォルトでPlayerやGamecontrollerなどのタグが用意されており、タグを追加したい場合はAdd Tagで追加できます。

今回のゲームオブジェクトは”enemy”のタグを追加し、設定しています。

実際にタグが有効かどうか確認するために、下記のスクリプトを用意しました。

アタッチされたゲームオブジェクトに”enemy”のタグが設定されていれば、コンソールに”敵オブジェクト”の文字が表示されます。

コンソールに”敵オブジェクト”の文字が表示されました。
また、タグをUntaggedのもどして実行すると、コンソールには文字が表示されません。

それでは次にタグのついたオブジェクトを探してみましょう。

タグのついたゲームオブジェクトの探し方

タグのついた1つのオブジェクトを探す

下記はシーンにある”enemy”オブジェクト探して削除するスクリプトです。

シーンには複数のオブジェクトを配置、オブジェクトの1つだけが”enemy”タグを持ちます。

それではプレイをおして確認してみましょう。

1つのenemyタグがあるオブジェクトが削除されました。

タグのついた複数のオブジェクトを探す

“enemy”タグを持つオブジェクトがシーンに1つしかない場合は、さきほどのスクリプトでも大丈夫ですが、複数のオブジェクトを扱いたい場合もありますよね。

その場合は下記のスクリプトで複数のオブジェクトが探せます。

複数オブジェクトを扱うため、見つけたオブジェクトを配列で格納しています。

配列について詳しく知りたい方は【Unityで学ぶC#プログラミング⑥】配列とはもご覧ください。

今回はシーンにある3Dオブジェクトすべてが”enemy”タグを持ちます

それでは実行してみましょう。

“enemy”タグを持つ全てのオブジェクトが削除されました。

今回のところは以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事【現役Unityエンジニアが厳選】Unityを学ぶのにおすすめのプログラミングスクール2選

Follow me!