【Unityスクール】FPSプレイヤーコントローラーの作成法

こんにちは。

今回は簡単に誰でもできるUnityでFPSのプレイヤーコントローラーを作る方法を紹介します。

一番上に空の親オブジェクトを用意。
その下の子オブジェクトにカメラとプレイヤーのモデルオブジェクトを配置。
カメラの子オブジェクトにガン(銃)のモデルオブジェクトを配置します。

プレイヤーインスペクター

Add Component を押してSphere ColliderRigidBodyを追加します。上の例だと、Scale値が20と大きめですが、任意の大きさで大丈夫です。
Sphere Colliderの Is Triggerはチェック外す。Rigidbody のUse Gravityチェック外すConstraintsはFreeze Rotationのみ全てチェック(ローテーションの固定)を入れます。

後ほど紹介する2つのスクリプトを新規作成しプレイヤーオブジェクトにアタッチしてください。

C#スクリプト

  • Player Controller

 

  • Player Motor

PlayerMotorのCamには子オブジェクトのカメラを入れてください。その他speed(プレイヤー移動速度)lookSensitivity(カメラローテーション感度)cameraRotationLimit(カメラ角度制限)はお好みの値でで調整してください。

以上簡単な忘備録でした。

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

Follow me!