【Unityゲーム開発】FPSプレイヤーコントローラーの作成法

こんにちは。

今回は簡単に誰でもできるUnityでFPSのプレイヤーコントローラーを作る方法を紹介します。

もくじ
・ヒエラルキーウィンドウ
・プレイヤーインスペクター
・C#スクリプト

ヒエラルキーウィンドウ

一番上に空の親オブジェクトを用意。
その下の子オブジェクトにカメラとプレイヤーのモデルオブジェクトを配置。
カメラの子オブジェクトにガン(銃)のモデルオブジェクトを配置します。

プレイヤーインスペクター

Add Component を押してSphere ColliderRigidBodyを追加します。上の例だと、Scale値が20と大きめですが、任意の大きさで大丈夫です。
Sphere Colliderの Is Triggerはチェック外す。Rigidbody のUse Gravityチェック外すConstraintsはFreeze Rotationのみ全てチェック(ローテーションの固定)を入れます。

後ほど紹介する2つのスクリプトを新規作成しプレイヤーオブジェクトにアタッチしてください。

C#スクリプト

  • Player Controller

 

  • Player Motor

PlayerMotorのCamには子オブジェクトのカメラを入れてください。その他speed(プレイヤー移動速度)lookSensitivity(カメラローテーション感度)cameraRotationLimit(カメラ角度制限)はお好みの値でで調整してください。

以上簡単な忘備録でした。

Unityを習得したらゲーム業界へ転職しよう!

・ゲーム業界特化の専門エージェント
・未経験からの転職サポート
・エンジニア経験のコンサルタント対応

 

TechStarsで転職した人の給与はなんと平均で83万円もアップ!

 

「自分は未経験だから、、」「転職できる技術力があるか不安、、」

この様な悩みをお持ちでも大丈夫です!エンジニア出身のコンサルタントが親切丁寧に対応!

 

 

ベンチャーや中小企業、有名大手企業など、幅広い選択肢の 中から、あなたに合った職場を紹介いたします!

 

 

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

 

Follow me!

  • カツヤ
  • ノマドゲームエンジニア

    ノマドしながらゲームやアプリ開発。
    主にゲーム開発や海外生活についてブログを書います。
    現在タイのバンコク在住。

    大学卒業→ドイツ留学→日本で就職→ノマド生活開始
    アプリリリース合計8本

    ゆるいノマドの日常をYoutubeでアップしてます。