【Unityスクール】AndroidアプリにAdMob広告を実装する方法

こんにちは。

今回はUnityで開発したandroidアプリにadmobの広告を実装する方法を紹介します。(*バージョンはUnity 2018.2.3f1で試しています。)

まだ、Googl Admobに登録をしてない方は登録をしてください。

Googleのアカウントがあれば簡単に登録できます。

登録を済ませたら、ホーム画面の左のサイドバーアプリをクリックしてアプリの追加をしてください。

出てきた情報に従い進んでいきます。

今回はバナー広告の実装なのでバナーをクリック。

アプリIDとパブリッシャーIDが発行されました。

こちらは後ほど使い大切なので控えておいてください。

Google admobプラグインをダウンロード

下記の場所からプラグインをダウンロードしてください。

プラグインをダウンロードしたらパッケージをインポートします。

インポートしたらMobile Ads SDKを追加します。

Unity Play Services Resolver ライブラリにより、宣言された依存関係が Unity アプリの Assets/Plugins/Android ディレクトリにコピーされます。

[Assets] > [Play Services Resolver] > [Android Resolver] > [Resolve]を選択してください。

C#スクリプト

以下のスクリプトを用意します。

appIdに先ほど用意したアプリIDを記述、adUnitIdに広告IDを記述してください。

スクリプトを用意したら、ヒエラルキーで空のゲームオブジェクトを作成し、C#スクリプトをアタッチします。

シーンとプロジェクトを保存し、ビルドして確認してみます。

表示されました。

他にも広告の種類はあるので、今後色々試してみようと思います。

以上AdMobバナー広告の実装方法でした。

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!