【Unityスクール】AndroidアプリにAdMob広告を実装する方法【インタースティシャル】

こんにちは。今回はUnityで開発したandroidアプリにadmobの広告を実装する方法を紹介します。(*バージョンはUnity 2018.2.3f1で試しています。)

前回バナー広告を実装する方法を紹介しましたので、今回はインタースティシャル広告の実装方法です。

インタースティシャル広告とは、ゲームオーバーになったりシーンが変わるときに全画面で表示される広告です。

筆者プロフィール

広告IDを取得を取得する前の準備として、GoogleAdMobに登録とGoogle AdMobプラグインをダウンロードをする必要があります。

やり方は前回のバナー広告編で解説していますので、こちらの記事を参考にしてください。

GoogleAdMobに登録とGoogle AdMobプラグインをダウンロードが済んだら、

広告ユニットを追加から、インタースティシャル広告を選び、広告IDを取得しましょう。
IDは今後使うので控えておいてください。

C#スクリプト

空のゲームオブジェクトに下記のスクリプトをアタッチして下さい。
下記のコードの広告IDはサンプルです。

あとは Show()を呼び出せば広告を表示できます。

isLoaded() メソッドを使用して読み込み完了を確認してから、show() を呼び出します。

ちゃんと表示されました。

次はリワード広告の実装方法を紹介します。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!