【Unityスクール】オブジェクトを追従するUIの作成方法

こんにちは。3Dオブジェクトを追従するUIの作成方法を紹介します。
キャラクターのHP表示や、敵の位置表示など使いどころはかなりあるので、覚えておきましょう。

下記のスクリプトを追従するUIにアタッチして下さい。
targetObjectには追従するオブジェクトを入れてください。

デモ

赤いマルがCanvasの子のUIImageになります。今回はこの赤マルに上記のスクリプトをアタッチしています。targetObjectは白いcubeです。
このように追従するUIが出来ました。

以上追従UIの紹介でした。

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!