【Unityスクール】Unity TinyでHTML5ゲームをビルドする方法

こんにちは。

今回はUnityTinyでHTML5ゲームをビルドする方法を紹介します。

こちらの記事は以下のバージョンで動作確認しました。

Unity 2019.2.0b
Project Tiny 0.15.3

上部に表示されているビルドのモードをWeb(AsmJS)もしくはWeb(Wasm)にし、Releaseに設定してください。

再生をクリックするとビルドが開始されます。

初回のビルドは結構時間がかかります。

出力場所

Library/DotsRuntimeBuild/build/xxx(プロジェクト名)/xxx(プロジェクト名)-wasm-release
または
Library/DotsRuntimeBuild/build/xxx(プロジェクト名)/xxx(プロジェクト名)-asmjs-release
に出力されます。

wasmかasmjeでも個人的には差が無い感じがします。

ビルド確認

出力されたxxx(プロジェクト名)-wasm-releaseフォルダまたは、xxx(プロジェクト名)-asmjs-releaseをサーバーにアップロードします。

HTMLファイルをアクセスすればが実行されます。

ローカルで確認したい場合は、出力されたHTMLファイルをブラウザで開けば実行されます。

 

 

 

 

ゲームがブラウザで実行されました。

 

 

 

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

人気記事:Unityは独学で勉強できる?

 

Follow me!