【Unityスクール】Firebaseのデータベースにスコアを保存する方法

今回はFirebaseのデータベースにスコアを保存する方法を紹介します。

実装方法

まずFirebaseのプロジェクトを開きデータベースを作成します。

設定はTestmodeにして下さい。

Realtime Databaseにしてルールをクリック。

“.read””.write”をtrueにする。

次にUnityアセットストアRest Client for Unityをダウンロードします。

Firebase.Auth.FirebaseAuthクラスにアクセスします。

StartかAwakeメソッド内で下記コードを記述。ユーザーネームを取得します。

データベースに送るUser クラスを作成。

今回はGameManagerのクラスでデータベースに送っています。自由に変えてください。

GameManager内、下記のメソッドを実行してデータベースに保存します。
URLはRealtime Databaseのリンクをコピーしてきてください。

下記のメソッドを実行してデータベースからスコアを取得します。

まず変数Userを宣言

RetrieveFromDatabase()のメソッドでデータベースから取得します。

下記メソッドでテキストに代入し、表示します。

テスト

ゲームオーバーしたらスコアがデータベース送られるよう実装。

スコアがデータベースで確認できました。

次にFirebaseのデータベースでスコア9999に入力。シーンロードと共にスコアが呼び出されるように実装。

スコアが9999に表示されました。

人気記事:Unityを学ぶのにオススメのスクール3選

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!