英語の聞き流し効果なし?【英会話での効果を考察】

英語の聞き流しって効果があるのかな?
これから英会話を習おうとおもうけど、聞き流しで英会話は上達するの?

英語の聞き流しの教材ってありますが、実際の効果は気になるところです。

ちまたのうわさでは効果がある、意味が無いとか様々な声が聞こえてきますが、実際の所どうなんでしょう?

そこで今回は海外留学経験もありTOEIC850点とそれなりに英語力があるぼくが、英語の聞き流し学習の効果を解説します。

聞き流し学習をはじめようとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

英語の聞き流しの効果は?

まず英語の聞き流しだけをやって、英語がペラペラになるという事は100%ありえません。

これだけは断言できます。

よくコマーシャルで言っているような「聞き流すだけで英語が喋れるように!」というのはウソと思って下さい。

もしかして人並はずれた超人的な頭脳を持っている人なら可能かもしれませんが、あくまで普通の一般人にはムリでしょう。

それなら英語の聞き流し学習はやらない方がいいの?

勘違いしないでほしいのが、聞き流し学習のこと自体はぼくは否定していません。

一つの学習法としては良いと思います。

この学習法を取り入れて英語力が上がるのを助けてくれるでしょう。

ただ聞き流しだけやって英会話ができるほど単純ではないし甘くないです。

それではもう少し聞き流し英会話について深堀して解説していきます。

英会話が出来るようにならない理由

英会話をしなきゃ上達しない

英会話って当たり前ですけど、会話をしなきゃ上達しません。

英会話を上達させたいなら、英会話の量を増やさなければ意味が無いです。

もちろんリスニング、聞くスキルも英会話には大事ですけど、リスニングだけやってもスピーキングの能力は練習できませんよね。

例えばですけど、サッカー選手が一流のサッカープレイヤーの動画を見まくっても上達しないじゃないですか。

もちろん見て学ぶことも大事ですけど、実際に自分でプレーしない限り絶対に自分のものにはなりません。

集中して聞かなきゃ意味が無い

聞き流しって言葉のイメージ的に、集中しないでボケーっと聞くイメージありませんか?

コマーシャルで言っているように通勤中とか就寝前とか、はたまた料理などの作業をしながら片手間に聞く。

思うんですけど勉強って集中してやらなきゃ意味が無くないですか?

ましてや普段使っていない英語のリスニングなんて、初心者の人はかなり集中力必要とします。

勉強で大事なのって集中した環境づくりです。

それを騒がしい電車内とか、何かの作業中の片手間とかってあんまり効果ないと思うんですよ。

「何もやらないよりも良い」って意見ももちろんあると思います。

でも作業の片手間にやるくらいなら、作業を早く終わらせる工夫をして勉強の時間を作ったり、
通勤中の勉強はストレスがたまるから、音楽聞いたりマンガ読んだりして、少しでもストレスを減らして勉強に集中すべきだと思います。

知らない単語を何回聞いても意味ない

例えば「Apple」という単語を知らないとして、聞き流しの英文に出てきても理解できないですよね。

Apple=リンゴ がわかる人ならいいですけど、知らない人が「Apple」を10回、20回、100回聞いてもわかるようにならないです。

聞き流し英語学習はだいたい英語→日本語の順番で行われますが、英文の詳しい解説がないので、分からない単語がどんな意味か集中して考えて聞いてないと分かりません。

なので英語って詳しい解説のある授業や、自分自身で単語をおぼえる勉強をしないと意味が無いんですよ。

何回も英語→日本語のくりかえしを聞いているうちに、英単語を覚える事もあると思います。

ですけど、単語をおぼえるには単語帳を使ったり、英文を読んで知らない単語を調べる。

この様な学習法の方が単をおぼえるには効果的です。

聞き流しを試した感想

聞き流し英語がバンバンコマーシャルで流れていた頃、ぼくも試したくなって聞き流しの勉強をしていたことがあります。

コマーシャルでやっている聞き流しの会社の教材を買ったわけではありませんが、英会話フレーズブック―リアルな日常表現2900 (アスカカルチャー)こちらのCDをiPhoneにいれて常に聞くようにしてました。

教材は違いますが、英文のあとに日本語が流れる構成になっていて、実際の聞き流し英語の教材と同じだと思います。

その聞き流し学習をぼくがやった感想をお伝えします。

聞き流しは飽きる

まず聞き流しだけやっていると飽きます。ぼくは英語の聞き流しをほぼ一日中やっていました、朝起きてから寝る前までずっとです。
もちろん業務の時間帯は出来ませんでしたけど、それ以外はほぼ聞いていたと思います。

はじめた頃は良かったのですが、だんたんと長い時間聞いてると飽きてきて集中力が無くなります

ただ音が流れているだけの状態で、周囲の雑音と同じような感覚になってしまいました。

また、単純で同じことの繰り返しって脳もだんだん疲れてきます。

ぼくは少し頭が痛くなったり、また若干イライラしてきたりもしました。

こうなると学習としての効果も薄いですし、単なる苦行になってしまいます。

なので聞き流しだけやり続けるのは、英語の学習において非常に効率が悪いです。

そして、英文の内容がつまらなすぎる

これは聞き流しに限った事では無いですが 、たいていの英語学習の教材の文章って「I have a pen.」のように全く面白味のない文章ですよね。

この様な退屈な文章を聞き続けるのはかなりキツイものがあります。

記憶の定着に効果的なのが、実際の経験にした面白いインパクトのあるものだと聞きます。

例えばあなたがスーツを着た中肉中背の男性と町ですれ違ってもすぐ忘れるでしょう。

それがもし、まちで金色のスーツを着た赤髪のアフロで身長2mある人とすれ違ったらどうでしょう?

おそらくほとんどの人が覚えていて後で友達と話すときのネタにするのではないでしょうか?

これは音を聞くときも同じで、脳はつまらない情報はすぐ忘れる様に支持します。

そんな何回もつまらない情報を聞き続けても脳は疲れて、学習の効率は下がる一方でしょう。

英語のリズムになれる事ができる

聞き流しをやり続けて、時間が経つにつれてだんだんと集中力が無くなっていき、やる気が無くなったんですけどその中でもやって良かったことはありました。

英語を常に聞いているだけで、英語のリズムになれる事ができます。

これは集中しないで聞いてもある程度なれると思うので良いでしょう。

聞き流し学習でただ一つ良かった点です。

特に英語の初学者や英語のリスニングの経験が乏しい方には、聞き流しているだけで英語ののリズムになれる事ができます。

英語のリズムって独特で日本語と全く違いますよね。

特に英文の内容を理解してなくとも、リズムだけにはなれる事ができ、脳の英語の音練習になるでしょう。

このような利点がありますが、実際にリスニングも集中できる環境で聞いた方が何倍も効果があります。

英語のリズムになれるというのも、おまけ程度に考えておきましょう。

まとめ 楽な道は存在しない

英語の聞き流しは一つの学習方法としては良い。

英会話ができる様には会話の練習が必要。

英語聞き流しは一つの学習法としては効果があると思います。

ただ、これだけやってペラペラになる事はほぼないので、会話が上達するには会話の練習が必要です。

ぼくがオススメするのがオンライン英会話です。

ぼく自身3年以上DMM英会話さんにお世話になっています。

英会話は会話の経験値が大事です。オンライン英会話で毎日会話の練習ができ、会話の経験値をいち早く積むことができます。

DMM英会話さんについて記事も書いたので、興味がある方はこちらもご覧ください。

オススメ記事 DMM英会話を3年以上続けた感想【レビュー】

また、英語力をあげるには文法力もリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングとさまざまな角度から勉強するのが効果的だと思います。

ちまたでは「〇〇をするだけ!」のような英語学習のキャッチコピーがありますが、そういったのはほぼウソだと思ってかまいません。

英語学習に限らず、勉強に楽な道は存在しません。でもみんなそういった謳い文句に弱く、楽をしようとしがちです。

甘いキャッチコピーなんか信じずに、地道に努力していけば成果が見えてくるはずです。

みなさんの英語学習が上手く行くことを願っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

オススメ記事 DMM英会話を3年以上続けた感想【レビュー】

Follow me!