【Unityで学ぶC#プログラミング②】変数とデータ型

プログラミング初心者向けのUnityで学ぶC#講座。

初心者にもわかりやすく、なるべく専門的な用語をなくして簡単に説明します。

今回は「変数とデータ型」についてです。

この記事を読み終えると

変数とは何か

データ型とは何か

以上のことがわかるようになります。

Unityゲームプログラミングで重要なことなので、しっかりと覚えましょう。

変数とは

変数とはわかりやすく言うと「データを入れる箱」とイメージしてください。

箱の中身のデータは自由に入れ替え可能で、データを入れたり、空にしたりもできます。

このように、扱うデータの値がころころ変わるので「変数」と呼びます。

ちなみに英語で言うと変数はVariable(変わりやすい、変化しやすい、可変的な)という意味です。

変数の宣言

C#で変数を利用するするには、変数を宣言する必要があります。

変数の宣言の構文

データ型 変数名 = 初期データ;

「=」「右辺を左辺の変数に代入する」という意味です。

また、コードを記述したら必ずセミコロン 「;」 で終わります 。

たとえば、以下はint(整数)のデータが入る箱(変数)”A”に8を格納したとういう事になります。

この場合、変数”A”には8の値が入っています。

データ型とは

データ型とは、変数に格納できるデータの種類の情報です。

たとえば、その変数のデータが整数なのか少数なのか、文字列なのかなどの事を決めるのがデータ型の役割です。

先ほど述べた通り、C#では変数を宣言する時に、データ型も決定します。

変数のデータ型は途中で変更できません。つまり、数字を扱う変数に文字列は代入できません。

よく使うデータ型 

整数型  int 整数が代入できる
小数点型 float 少数が代入できる
文字列型 string 文字が代入できる
論理型 bool 真偽値trueかfalseが代入できる

このほかにも扱うデータ型は多数ありますが、のちのち使うようになるので大丈夫です。

ひとまずは代表的な以上の4つを覚えておきましょう。

変数を書いてみよう

言葉で書かれても分かりづらいので、実際にスクリプトを書いてみましょう。

以下のスクリプトをご覧ください。

変数名”A”に整数のデータ型intを設定し、”8″を代入しています。

変数名”B”に少数のデータ型floatを設定し”8.8″を代入しています。floatの値を代入する場合は、数字のあとに”f”を加えてください。

変数名”Name”に文字列のデータ型stringを設定し”太郎”を代入しています。代入する文字をダブルクオテーション「”」で囲いましょう。

今回はstart関数の中にDebug.logで変数をそれぞれ記述しています。

スクリプトの追加の仕方や、start関数について分からない方は【Unityで学ぶC#プログラミング①】スクリプトを追加・編集する方法こちらもご覧ください。

新規オブジェクトをヒエラルキーに追加して、上記のスクリプトをAdd Component、もしくはドラッグアンドドロップで追加します。

それでは再生を押してConsoleウィンドウを見てみましょう。

それぞれ変数の値が記述されているのがわかりますね。

それでは次に変数の値を変えていましょう。

先ほどスクリプトを下記のように記述を加えます。

変数を宣言し初期値を代入した後、Start関数で変数の値を変更しています。

変数に新たな値を代入しました。

変数を宣言した後は、変数の前にデータ型は記述しなくて大丈夫です。

再生を押してConsoleウィンドウを見てみましょう。

代入された新たな値が記述されているのが、確認できますね。

今回の所はこれでおわりです。

以上変数とデータ型の解説でした。

おすすめ記事【現役Unityエンジニアが厳選】Unityを学ぶのにおすすめのプログラミングスクール2選

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!