【Unityで学ぶC#プログラミング④】メソッド(関数)とは

プログラミング初心者向けのUnityで学ぶC#講座。

初心者にもわかりやすく、なるべく専門的な用語をなくして簡単に説明します。

今回は「メソッド(関数)」についてです。

この記事を読み終えると、メソッドとは何かわかるようになります。

メソッドの概念を理解することは、ゲーム開発でかかせません。
しっかりと理解して、ゲーム開発に役立ててください。

それではさっそく解説していきます。

メソッドとは

メソッドとも呼ばれ、データの値を操作するために使われます。

メソッドには戻り値がある関数と、戻り値がないメソッドの2つがあります。

以下はメソッドの基本構文になります。

[修飾子]戻り値のデータ型 メソッド名(引数のデータ型 引数,・・・)
{

メソッド本体

}

構文を見てもイメージ辛いと思うので、次に実際にサンプルコードを書いて説明していきます。

また、変数についてわからない方は【Unityで学ぶC#プログラミング②】変数とデータ型で詳しく説明していますので、こちらもご覧ください。

メソッド(戻り値なし)

Consoleで名前と年齢を表示するShowメソッドを用意しました。

戻り値が無い場合は、以下のようにメソッド名の前にvoidを記述。

うけとる引数も無いので、今回は()の中には何も記述していません。

こちらのメソッドをStart関数から、以下のように記述して呼び出します。
今回はわたす引数がないので、()の中は何も記述しません。

メソッド(戻り値あり)

引数として渡したageの値に1を加えて返すNextYearメソッドを用意しました。

戻り値がある場合は、以下のように戻り値のデータ型をメソッド名の前に記述します。 今回は戻り値が整数型なのでintです。

()の中には、呼び出し元から渡される引数のデータ型と引数名を記述。今回は年齢を引数として受けるので、(int _age)に設定。

また、returnのあとに_ageを記述し、 戻り値として設定します

呼び出し元のコードをDebug.Log()の中に記述しました。データ型が整数型の変数ageを引数として渡しています。

NextYearメソッド内で計算された値が返されて、Debug.logに表示されます。

それではコンソールでスクリプトの実行結果を見てみましょう。

ちゃんと引数で渡した値がメソッドで処理され、コンソールで表示されています。

今回はこのあたりで終わりです。

以上メソッドの基本の解説になりました。

おすすめ記事【現役Unityエンジニアが厳選】Unityを学ぶのにおすすめのプログラミングスクール3選

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!