【Unityで学ぶC#プログラミング⑦】ループとは(while・do while・for・foreachループ)

プログラミング初心者向けのUnityで学ぶC#講座。

初心者にもわかりやすく、なるべく専門的な用語をなくして簡単に説明します。

今回は「ループ」についてです。

この記事を読み終えると、以下のことが理解できるようになります。

ループの基本コンセプト

while ループ

do whileループ

for ループ

foreach ループ

ループはプログラミングで頻繁に使います。

これから他の言語を覚える時にも使えるので、しっかりと覚えていきましょう。

それではさっそく解説していきます。

ループとは

ループとは簡単に説明すると繰り返し処理のことです。条件分岐とともにプログラミングでよく使われます。

たとえば、敵キャラなどの特定のグループをライフ0にする。

オブジェクトに当たるまで銃弾を飛ばす。

アイテム全体から、特定の名前のアイテムだけを見つける。

などの処理につかわれます。

ループには主にwhile、do while、for、foreachなどの似たような命令があります。

それでは次に個々の詳しい構文を説明していきます。

whileループ

while(条件式)
{
 条件式がtrueの時、繰り返される処理
}

()内の条件式がtrueの間だけ{}の処理が繰り返されるループになります。

サンプルコードを見てみましょう。

変数”i”の値が6未満の場合、iに1を加えてコンソールにiの値が表示されるシステムです。

計6回の処理が繰り返され、コンソールに文字が表示されました。

do whileループ

do
{
条件式がtrueの時、繰り返される処理
}while(条件式);

do whileループの末尾には”;”が必要になります。

whileループと違いが無いと感じる方もいるかもしれません。ですが、do whileループは処理を実行してから条件式を判定するので、
whileループと同じ条件式と処理でも、場合によっては違う結果になります。

下記のdo whileループはwhileループと全くおなじ条件式と処理です。

whileループと同じ条件で同じ結果が確認できました。

forループ

for(初期化子;条件;反復子)
{
ループ中に実行する処理
}

while/do whileループと違い、forループはあらかじめ指定された回数を処理します。
初期化子は一般的に使う変数はカウンター変数と呼ばれ、”i”を利用するのが一般的です。

下記のforループは「i<6」なので、カウンター変数が「0~5」の間、計6回実行されます。

ちゃんと条件の6回が実行され、コンソールに記述されました。

foreachループ

foreach(データ型 仮変数 in 配列)
{
個々の要素を処理するコード
}

これまでのループとは少し違い、配列から取り出した要素を先頭から順番に処理します。
配列から取り出した要素を一時的に仮変数に格納。

配列の中身が無くなったらループは終了します。

下記のforeachサンプルコードは配列に入っている要素を全てコンソールに記述しています。

配列の要素が全て記述され、ループが終了したのが確認できました。

今回のループ解説は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事【現役Unityエンジニアが厳選】Unityを学ぶのにおすすめのプログラミングスクール2選

おすすめのUnityスクール

Unityが学べるおすすめのプログラミングスクールはTECH STUDIAMになります。

理由はゲーム開発に特化したプログラミングスクールであり、2ヶ月で9万円の授業料で他のプログラミングスクールに比べても安いからです。

興味のある方は、無料相談してみるのをオススメます。

ゲーム制作を学べるオンラインスクール TECH STUDIAM

Follow me!