記憶力を鍛える脳トレアプリなら【瞬間記憶インスタントメモリー】がおすすめ

こんにちは、フリーランスエンジニアのカツヤです。

突然ですが、みなさん脳トレってやっていますか?「頭の体操は大切だ」「脳トレは仕事にも効果的!」なんてことはよく言われますが、普段仕事で忙しい人たちは、中々脳トレのために時間が作れませんよね。

そんな僕も、実は脳トレなんかほとんどしません。めんどくさいから。脳トレって時間取られるし、何か意識高い系の人たちがやるみたいで、どうも性に合わないんですよね。

ところが!

なんと脳トレがたった数秒で効率的にできるアプリが登場したんですよ。まさに「超お手軽脳トレ」それが今回紹介する「瞬間記憶(インスタントメモリー)」というサービスです。もう、秒でハマりました。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

瞬間記憶(インスタントメモリー)とは?

瞬間記憶(インスタントメモリー)とは、Google PlayとApp Storeで配信されている記憶力を鍛える脳トレアプリです。

そもそも脳トレって「やるぞ!」って意思がなければできないもので、テキストや筆記具が必要だったり、集中できる環境も必要で中々始めるのが億劫じゃないですか。

だけど、瞬間記憶(インスタントメモリー)ではスマホがあればすぐできるので、隙間時間や移動時間など、さまざまな場面で脳トレが出来るんですよね。

このように、従来の脳トレでは果たせなかったニーズを「スマホ」コンテンツにすれば満たされます。たった数秒でいつでも脳トレができてしまう瞬間記憶(インスタントメモリー)が超おすすめというわけ。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

瞬間記憶(インスタントメモリー)のメリット

数秒で脳トレをする事が可能

瞬間記憶(インスタントメモリー)の最大の特徴が数秒で脳トレができるという点です。

通勤方法は電車や車、自電車など様々ですが、それらのシーンで瞬間記憶(インスタントメモリー)を活用すれば、移動時間に脳トレができます。

もちろん自転車や車の運転中にアプリをいじるのはダメですが、出発前の数秒に脳トレをやれば集中力アップができます。朝起きてボーっとした脳を一度脳トレで活性化させて出発すれば、交通事故の予防もできますね。

一回あたりの脳トレが30秒~1分程度で終わるので、たとえどんなに朝急いでいても脳トレをする事が可能です。

また、就業開始前や大事なプレゼン前、はたまた大切な商談前など「ここぞ!」という集中力を高めたい時に効果的。

このように、瞬間記憶(インスタントメモリー)を使えば様々な場面で脳を活性化することができるんです。

5種類の記憶モードと3つのレベル

瞬間記憶(インスタントメモリー)は5種類の記憶モードとの3段階のレベルがあります。

つまり、「5種類×レベル数3」で合計15種類の脳トレを選ぶことができるんですよ。

自分のレベルに合わせて脳トレをする事も、一つの脳トレが飽きたら別の脳トレをする事も可能です。

すべての脳トレが記憶に関するもので、様々な角度から記憶にアプローチすることで脳トレとして非常に効果的なんですよ。

数字記憶モード

このゲームのデフォルトのモードです。
5種類の中で一番簡単?と思われる。
難易度によって覚える数字のケタ数が違います。

図形記憶モード

数字記憶モードの数字が図形になったモードです。
文字として認識していない図形の記憶なので、最初はめちゃくちゃ難しい。
ただ、ひとつひとつの図形を文字として名前をつけて認識すれば、数字記憶モードと同じくらい簡単になります。
難易度によって覚える図形の数が違います。

配置記憶モード

青色の図形がどこに配置されたかを記憶するゲームです。

文字ではないビジュアルとしての記憶力が鍛えられます。

難易度によって、配置される場所の数と配置される青色の図形が増えます。

形状記憶モード

図形の形状を覚えるモードです。選択肢4つの中から選びます。

ビジュアルとしての記憶力を鍛える事ができるモードです。

難易度が上がるにつれ形状が複雑になっていきます。

動作記憶モード

青色に点滅した順番を覚えるモードです。

文字でも映像でもない物を覚える事で、新たな角度から記憶力を刺激するする事ができます。

難易度によって覚える動作数が増えます。

記憶するだけの脳トレでこれだけのゲームモードがあるってシンプルに凄くないですか?

脳トレって一日だけやっても意味が無いので、ちゃんと飽きずに続けられる工夫がされてるアプリなんですよ。

いやー。本当にユーザー思いのアプリですね。

リザルト画面で成績を確認

瞬間記憶(インスタントメモリー)は脳トレの結果を細かく確認することができます。

リザルトのすごい所は回答にかかった平均反応時間を計算してくれるんですね。

たとえ、毎回全問正解したとしても、回答にかかった時間が毎回同じ事は絶対にありえないじゃないですか。

反応時間を知ることでその日の状態がどうとか、タイムを縮めるのを目標にしたり色んな使い方ができるんです。

瞬間記憶(インスタントメモリー)は全問正解して終わりじゃない、その先の楽しみや活用ができる設計になっているんですよ。

スッキリしたデザイン

シンプルな青がベースのデザインになっています。

青って心理的に「落ち着き」「集中」などを表す色で脳トレや勉強などの集中したいときにピッタリなんですよ。

また、ムダなものが排除されているので集中して脳トレを行う事ができます。

まさに脳トレに集中できるようにデザイン設計されているんですね。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

瞬間記憶(インスタントメモリー)の口コミや評判

瞬間記憶(インスタントメモリー)に関する口コミや評判をピックアップしてみました。

インストール数が他と比べると少なかったので心配でしたが、色んなゲームが揃っているし、何よりシンプルで使いやすいです!レベル対応がしっかりしている印象!◎ もっと評価されるべきアプリだと思う。(引用元:Google Play)

やはりシンプルで使いやすい、ゲームが豊富という所に評価をおいてるようです。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

今後アップグレード予定の機能

瞬間記憶(インスタントメモリー)は好評につき、ユーザーの為に今後いくつかの機能を実装する予定です。
今後実装予定の機能を紹介いたします。

オンラインランキング

オンラインランキングを作ることで、自分が周りと比べてどのレベルか知ることができます。
また、他のユーザーと競争することでトレーニングのモチベーションアップが図ることが目的です。

パーソナルレコード管理

自身の日々の成績を記録する事で、成長の度合いを可視化することができます。「べつに他人とは比べなくてもいいから、自分の成長が見れたらいい」競争ではなく自分自身の成長がモチベーションになる人もいるんですよね。そんな人の為に作る機能です。

まだ、瞬間記憶(インスタントメモリー)はアプリとしては粗削りなところも多いです。

少しずつ改善していってもっと良いアプリになるのを楽しみにしましょう。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

さいごに:スキマ時間に瞬間記憶(インスタントメモリー)で脳トレしよう!

結論、この瞬間記憶(インスタントメモリー)を使えばあらゆる場面で脳トレで集中力アップできるので、ダウンロードする価値アリです。

これだけの機能がそろって無料で脳トレができるのは瞬間記憶(インスタントメモリー)だけです。途中の広告が気になりますが、ゲームが終わってから表示されるので脳トレが邪魔される事はありません。

瞬間記憶(インスタントメモリー)のようなアプリが普及して、どんな時でも脳トレや自己研鑽できる時代になりました。
これによって、デキる人たちはちょっとしたスキマ時間や移動時間に能力のトレーニングを重ねるようになるんですよね。

そこで僕たちみたいな凡人が「いそがしい」と言って自己研鑽を怠っていると、デキる人たちと凡人の格差がどんどん広がってしまいます。
有効な時間を活用できないのは全て自己責任なので、誰にも言い訳はできませんからね。

瞬間記憶(インスタントメモリー)ダウンロードはこちらから
Google Play  App Store

Follow me!