月々3万円から!激安のプログラミングスクールCode Teacherの評判は?!【現役エンジニアが考察しました】

プログラミングスクールに通いたいけど、スクール代が高い…
激安プログラミングスクールってないのかな?

こんにちは。フリーランスエンジニアのカツヤです。

プログラミングスクールに通ってプログラミングを覚えたいって人増えているんですよね。


新型コロナウィルスの流行もあって、社会情勢が不安定な中、これから手に職をつけるのはアリだとおもいます。

これからプログラミングを覚えるなら、間違いなくプログラミングスクールに通った方が良いです。

初心者はなにをどう勉強したらよいのか分からないし、プログラミングがむずかしくて挫折するかもしれないから。

でも、プログラミングスクールってぶっちゃけ高くないですか?

だいたいどのスクールも月々10万円くらいしますよね。

中には無料スクールなんてのもありますが「就職できる可能性のある人しか入学できない」
「就職後は〇ヶ月は辞められない」とか色々としばりがキツかったりします。

大学生やフリーター、趣味でプログラミングを始めたい人にとって月々10万は高すぎるし、
かといって無料スクールに行くのは色々としばられて面倒じゃないですか。

「覚悟の無いやつはプログラミングを諦めたほうがいい」なんて暗に言われてるような気さえします。

つまり、お金を持ってない人やエンジニア転職する覚悟の決まってない人にとって、プログラミングスクールに行くのは敷居が高すぎるんですよ。

そこで!

なんと!月々3万円で通えるプログラミングスクールが登場したんですよ。

それが今回紹介するCode Teacher」というプログラミングスクールです。

激安のプログラミングスクールをお探しの人に必見です。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

Code Teacherとは?

学べる技術 HTML、CSS、Javascript、React、Node.js
期間約半年
価格3万円/月
受講形式 完全オンライン
受講条件 オンライン説明会の参加が必須
特徴現役のエンジニア陣が構築した独自のカリキュラム

なんといっても授業料が月々3万円のプログラミングスクールというのが一番の売りです。

激安のプログラミングスクールってクオリティが悪そう。。

そう思われるかもしれませんが、侮ることなかれ!

Code Teacherは現役エンジニアが構築したカリキュラムにより、「実務レベル」モダン開発が身につけられるんですよ!

これ、まじですか?

受講の条件にオンライン説明会の参加が必須となっていますが、これもちゃんとしたワケがあって、講座の品質を担保するためなんですね。

ようするに、ちゃんとCode Teacherの説明をきいて理解した人に入って欲しいという狙いがあるんでしょう。

まさに、「激安でクオリティの高いプログラミングスクールに行きたい!」という欲張りさんにもってこい。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

Code Teacherの特徴

その1 完全オンライン

Code Teacher完全オンラインのプログラミングスクールになんですよ。

新型コロナウィルスが流行していますので、オンライン完結のスクールじゃないと不安ですからね。

講義はzoom、質疑応答はslackで行われるので、オフラインでの環境と変わらない対応をしてくれます。

また、オンラインになる事で通学時間がカットされ、いつでもどこでも授業ができるのも強みでもあります。

オフラインのスクールでも大丈夫ですけど、毎日に通えば通学時間もバカにならないし、地方に住んでいようが授業を受けることができますからね。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

その2 講師は現役のエンジニア

Code Teacherのカリキュラムは、現役のエンジニアが実際に現場での経験がベースになっているんですよ

もちろん、現役のエンジニアが作ればOKではないです。現役であろうがなかろうが、実際に役に立たなければ意味がないですからね。

ただ、Code Teacherのカリキュラムは、現役のエンジニアが実際の現場の課題に即して作成されたものです。

現場での必要とされているモダンで実践的なスキルが身につきます。

また、現場でのリアルな声が聞けることが大きな強みでもあります。

バイトの学生エンジニアでも教えられるかもしれませんが、実際に多くの現場を経験したエンジニアの方が有益な事を教えられますからね。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

その3 フロントエンドの技術が学べる

HTML・CSS・JavaScriptなどのフロントエンドの代表的な言語が学べます。

フロントエンドとは簡単に説明するとホームページの表示、ユーザーから見える側の部分になります。

例えばホームページの画像や動画の表示やレイアウト、メニューバー、ボタンなどを作成したりすることですね。

ようするに、フロントエンドの言語スキルがあれば、ホームページを作成できるようになります。

フロントエンドの技術を覚える事の何が良いかというと、やはり案件が多いことですね。

もう一つが言語が比較的簡単であるという事です。

フリーランスで自分でホームページ作成の案件が受注できれば、すぐに稼ぐことも可能。

また、Web作成会社は人手不足あることが多いので、比較的就職しやすいかもしれません。

フロントエンドは今の社会にニーズのあるので、プログラミング初心者にはもってこいなわけ。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

その4 効果的な学習カリキュラム

Code Teacherの学習の流れは非常に効率的なんですよ。

講義を受ける→課題提出→振り返り・質疑応答→課題の再提出→講義を受ける…(以降繰り返し)

このようにレッスンと課題と復習を何回も繰り返し行う事で、記憶の定着にもすごく効果的。

独学で勉強していると、わからなくて誰も聞く人がいなくてプログラミング習得にめっちゃ時間がかかったり、最悪の場合挫折なんて事もあります。

いち早くプログラミングを覚えたい人にとっては質の良い授業と、万全のサポート体制が必要ですからね。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

さいごに まずは無料相談をするべし!

いかがでしたでしょうか?

プログラミングスクールは数多く存在しますが、月々3万円で現役エンジニアからモダンで実践的な技術が学べる、冗談ぬきでコスパ最強だとおもいます。

もし、少しでも興味のある方はオンライン無料説明会をうけてみましょう。

期間ごとにスクールに通える定員も決まっているので、早めに説明会の予約をすることをオススメします。

次は2020年12月からスタートの第4期です。

オンライン説明会はもう始まっていますよ。

まあ、話を聞いてちがうと思ったら、やめれば良いだけですしね。

あなたにあっているかもしれません。

Code Teacher 無料オンライン説明会はこちら

Follow me!