これだけはやっとけ!将来不安な大学生に伝えたい重要な勉強!

将来が不安…

これからの時代一体何を勉強したらよいのだろう?


将来が不安なのでこれから役立つ事を勉強したい。


でも、いったい何を勉強すればよいのだろう…

このような疑問にお答えします。

新型コロナウィルスの流行、日本の人口減少、国際情勢も日々変化しており、将来に漠然と不安を覚える大学生や高校生も多いと思います。

こんな不安的な時代だからこそ、将来食いっぱぐれないようなスキルを身に着けたいですよね。

でも具体的に何を勉強したら良いのか分からない。。

今回はこんな大学生や高校生に向けて、絶対に勉強しておいたほうが良い事を紹介します。

ぼくも大学生、高校生のころ将来が不安だったので気持ちは分かります。

そんな人たちの参考に少しでもなれば幸いです。

将来が不安なら英語とプログラミングだけとりあえずやれ!

結論から言うと「英語」と「プログラミング」この2つを勉強することをオススメします。

大学生や高校生の時間があるうちに、この2つを勉強しておけば絶対にお得です。

ぼく自身英語TOEICスコア850保持しており、フリーランスエンジニアとして生計を立てています。

手前みそかもしれませんが、この2つの技術があることで精神的にもだいぶ安定しました。

明日仕事が急に無くなっても、すぐに仕事が見つけられる自身もあります。

それではなぜ英語とプログラミングを勉強しておいた方が良いのか、深堀して解説していきます。

英語とプログラミングがコスパが良すぎる理由

英語がおススメの理由

日本人は英語コンプレックス

日本で少しでも英語が話せてコミュニケーションがとれるだけで「すごい」と思われます。

ぼく自身まったくスゴイと思わないのですが、日本人の方って英語コンプレックスの人が多いのでこの傾向が強いです。

世間では日本人が英語苦手とか言われますが、ぼくは全くそう思わないです。

むしろ、日本人はかなりの英語コンプレックスといえるでしょう。

英語が喋れるベースはあるのに、コンプレックスが理由で喋れない人が多い気がします。

日常英会話くらいなら、だれでもすぐに出来るようになります。

このコンプレックスを克服するだけで「英語しゃべれてスゴイ!」って思われるのってかなりコスパ良くないですか?

それゆえ、日本はTOEIC信仰もかなり強く、TOEIC高得点者を神のように崇めたりしますよね。

TOEICも800点超えくらいなら、特別な学校に通わなくとも独学で2年から3年勉強すればだれでも取れる様になりますよ。

大学生や勉強をまるでやって来なかった高校生が、今から東大を目指すってのはかなり再現性低いです。

ですが、TOEIC高得点は今から勉強しても取れます。

これで今までの学歴関係なく優遇してくれるなら、かなりコスパ良くないですが?

友達が増える、チャンスが広がるから

英語が使えると単純に友達が増えます。

日本語しか話せないと、日本で育った日本人、約1億人としか知り合えません。

もちろん、海外で日本語を勉強している人や、海外在留邦人などの例外はありますが、基本的にはそうなります。

それにくらべ、英語を話せる人の世界の人口は約15億人とされています。

15倍多くの人と意思疎通ができ、知り合う事ができるんですよ。

それだけでビジネスチャンスも15倍に広がると思いませんか?

しかも、それが自分と全く違う文化や地域で育った人たちです。こんな人たちと喋れるだけでも刺激的だしメリットありますよね。

どの業界でも活かせる

プログラミングと一緒で、英語ができればどの業界でも使えます。

今後どの業界でも海外のお客さんを相手にする機会が増えるのは間違いないです。

また、日本の人口減少はほぼ確実なので、外需に頼る必要も出てきます。

そんな時に日本語で日本人にしか相手にしていない商売より、外国人も相手に商売する方が良いに決まっていますよね。

それゆえ、どの業界でも活かせる英語を勉強するのはめちゃくちゃメリットあります。

プログラミンがおススメの理由

IT人材不足

なぜプログラミングをおすすめしたのかというと、今IT人材の不足が問題になっており、今後も深刻な人材不足が続くと予想されているからです。

経済産業省によると2018年の人材不足規模は約22万人で、2030年には約78万人に達すると予測されています。

(出典元:経済産業省「 IT 人材需給に関する調査」)

また、IT業界は今後も成長していく分野でもあります。

このように人手不足が予想されている、成長がしていく分野で必要なスキルを身に着けることは、将来性がありかなりメリットになります。

職業としての需要があるので、プログラミングを覚えてエンジニアになれれば、仕事を得れるチャンスが広がります。

自分でサービスが作れる

プログラミングが出来るとさまざまなサービスが自分で作れるようになります。

例えば今見ているホームページなどのWeb制作やスマホアプリ作成、ゲーム、VR/ARなどが自分でリリース出来ます。

エンジニアとして個人開発で生計を立てている人もいます。

例えばこちらの「どうぶつタワー」というスマホゲームアプリは、個人開発で100万ダウンロードを記録しめちゃくちゃ儲けたとか。

個人開発者の中には高校生や中学生、はたまた小学生なんかもいて、10代で大金を手にした例もあります。

まあこんな事は稀ですが、個人開発で大儲けできるかもしれない夢がありますね。

どの業界でも活かせる

プログラミングを覚えておくと、どのような業界でも役立ようになります。

なぜかというと、プログラミングを知ることでIT業界や最新のテクノロジーについて詳しくなれます。

たとえ会社で営業をやろうが、経理をやろうが、はたまた八百屋さんでも、ケーキ屋さんでも一緒です。

今後IT業界というのは、どの分野にも進出しサービスを提供していきます。

どんな職業に就こうがITの技術無しという事はあり得ないです。

ITのテクノロジーをうまく利用することで、成績が上がったり、売り上げが良くなったり、コストをカットできたりすることができるのです。

プログラミングの基礎を学ぶことによって、IT業界やITリテラシーを知ることができます。

また、こういったITのリテラシーを学ぶことによって、仕事を一緒にする時にも大きく役立ちます。

実際にプログラミングを覚えてエンジニアになる気はないが、ITリテラシーの習得としてプログラミングスクールに通う人もいるほどです。

最新のテクノロジーであるITを、プログラミングを通じて学ぶことに非常にメリットがあります。

実際にどうやって勉強するの?

英語とプログラミングを勉強した良いのは分かったけど、実際どうやって勉強したらよいの?

それではつぎに具体的な「英語」と「プログラミング」の勉強の仕方を説明していきます。

プログラミングの勉強方法

独学で勉強する

本やYouTube、オンラインサービスを使って勉強する方法です。

個人的にはYouTubeの動画チュートリアルをみるのがおススメ。

理由は動画で実際にコードを書いている所が見れるので理解しやすいです。

また有料ですが、ドットインストールUdemy などのオンライン動画学習サービスもわかりやすいです。

独学のメリットは、何と言っても料金が安い点です。YouTubeだけで勉強すれば、無料でプログラミングを習得することも可能です。

お金を使っても、本は高くても5千円くらいです。ドットインストールも月額1,080円、Udemy も1000円台からコースが始められます。

独学のデメリットは習得に時間がかかること、モチベーションが維持し辛い点です。

本や動画を見て分からなかった時、自分でコードを書いて上手く行かなかった時など、全て自分で解決しなければいけません。

プロに聞けば1分で解決できることを、何時間も一人で悩むこともザラにあります。

ぼくも独学でプログラミングを身に着けたので、スクールに通った人よりも何倍も時間がかかりました。

最悪の場合、プログラミング自体が嫌になって挫折してしまうかもしれません。

スクールに通う

プログラミングスクールに行ってプログラミングを習得する方法です。

徹底したサポート体制で教えてくれるので、最速でプログラミングを習得することが可能です。

また、だいたいどのスクールも就職のサポートも行っているので、ガチでエンジニアを目指したい方はスクールの方が絶対に良いです。

おすすめは、オンラインならTechAcademy [テックアカデミー] 、都内にお住まいで通学なら侍エンジニアです。

理由は2つともサポートがしっかりしているから。

デメリットはプログラミングスクールは高いという点です。

ですが、ガチでエンジニアを目指しているなら、将来の投資として悪くないと思います。

過去におススメのプログラミングスクールについての記事も書きましたので、興味のある方はこちらもご覧ください。

 おすすめ記事 乱立するプログラミングスクールからおすすめの3つを厳選

英語の勉強方法

留学する

昨今は世界的にコロナウィルスが流行しているので、海外留学は厳しいかもしれませんが、一応紹介しておきます。

留学することですぐに英語を習得することができます。

アメリカやイギリスなどの英語圏の国に行って語学学校に通ってみましょう。

授業はもちろん全て英語で、町中どこに出かけても英語で話さなければいけない状況になれば、必然的に英語が話せる様になります。

注意したいのは、日本人だけで仲良くなって日本語しか喋らないようにすること。また海外生活がストレスで、引きこもってずっと家でYouTubeなどはもったいないです。

海外で留学するなら、色んな所に顔を出して色んな人と知り合いましょう。

留学のデメリットはお金がかかる点です。ただ、最近は安くフィリピンの語学学校で留学することもできますし。安く留学できる方法はあります。

ぼくも留学をしていたのですが、留学は語学だけではなく、日本では経験できないような貴重な体験ができるのでおすすめです。

将来の自己投資として良いでしょう。

留学なしで覚える

留学しないで英語を覚えることももちろん可能です。最近はオンライン英会話などもありますし、毎日英語のレッスンを受ける事可能です。

自分もオンライン英会話を利用しているのですが、これだけで十分に留学並みに英語力を鍛える事ができます。

英語学習で有名なATSUEIGOさんのように留学なしでTOEICスコア満点と英検1級取得、ネイティブ並みの会話力を手に入れた強者もいます。

まあ、彼ほどストイックになる事は相当難しいですが、ぼくが言いたいのは留学なしでも英語は全然上手くなることはできます。

お金が無くて留学できないから英語ができる様にならない。。という言い訳は通用しないって事です。

もしオンライン英会話に興味があるなら、DMM英会話がおススメです。ぼく自身3年以上使っており、講師の質も高く自信をもっておススメできます。

遊べ

今まで英語とプログラミングの勉強は非常にメリットがある。

プログラミングと英語を勉強せよ!

と説明してきましたが、若い高校生や大学生の内は遊ぶのも大事だと思います。

もちろん、「将来の為にプログラミングと英語を勉強するぞ!」と意気込むのは素晴らしいと思います。

若いうちから将来を真剣に考えて行動することはなかなかできません。

ただ、若いうちはそれと同じくらいに遊ぶの大事だと思います。

もし好きな人がいるなら、デートに出かけたり旅行に行くのも存分に楽しんでください。

またもし今、熱中している大好きな事があるなら、それを大事にして下さい。

熱中できる事があるのは、とっても素敵なことです。大好きな事を止めてまでプログラミングや英語を勉強する必要は無いって事です。

若いうちのそういった経験も人生を豊かにしてくれる一つだと思います。

また、将来について不安になるのも分かりますが、あまり不安になりすぎるのも精神的によくありません。

悩みすぎは禁物。人生は楽しむもの。

今しかない若い時間をぜひエンジョイしてほしいです。

まとめ 

いかがでしたか?今まで説明した通り、英語とプログラミンは誰でも習得できますし、勉強することは非常にメリットがあります。

近い将来もっと需要が増えるのは間違いないです。

ですが、ぼくは誰もが英語とプログラミングを勉強する必要は無いと思っています。

プログラミングなどは合う合わないがあると思いますし、英語がどうしても苦手な方もいるでしょう。

それでも将来のために勉強するのは素晴らしいです。心から応援します。

これから英語やプログラミングを勉強してみたいと思った方は、まずは自分の負担にならない所から始めてみましょう。

オンライン英会話の無料体験を受けてみたり、プログラミングスクールの無料体験をうけて、プロの実際の意見を聞くのも良いでしょう。

もしかしたらあなたに合っているかもしれません。


オンラインプログラミングスクール:TechAcademy [テックアカデミー]無料体験

都内通学のプログラミングスクール:侍エンジニア塾無料体験

オンライン英会話:DMM英会話無料体験

 おすすめ記事 乱立するプログラミングスクールからおすすめの3つを厳選

Follow me!