めっちゃ楽しい!ゲームクリエイターのやりがい!

将来ゲームクリエイターとして働きたい。

ゲームクリエイターに転職したい。

ゲームクリエイターの仕事ってどんなかんじ?

ゲームクリエイターのやりがいが知りたい。

こんにちは、カツヤです。

これからも成長していくゲーム業界の中で、ゲームクリエイターとして働きたい人、興味のある人は多くいると思います。

今回はそんな人たちの為に、ゲームクリエイターとして働いた僕が、ゲームクリエイターのやりがいと魅力を伝えます。

これからゲームクリエイターになりたい方は参考にして下さい。

ゲームクリエイターのやりがい

自分が面白いと思う物を創り出せる

自分で面白いと思うゲームを形にできるのが、ゲームクリエイターのやりがいの一つだと思います。

ゲームクリエイターを目指している、興味のある人なら一度は「こんなゲームがあったらいいな」「このゲームもっとこうした方がいいのにな」と考えた事があると思います。

そんな今まで自分の空想の世界だけだったことが、現実の世界で表現出来ます。

そして、それが仕事としてお金がもらえるって素敵な事じゃないですか!?

もちろん、自分の仕事によって表現できる事は限られてきます。

新規ゲームのプロジェクトにデザイナー、サウンドクリエイター、エンジニア、企画やプランナーとして関わるのかで、やれる仕事の範囲はだいぶ違いますね。

ですが、それぞれの自身の仕事の中で、自分がユーザーに楽しんでもらえるように工夫して、自分のアイディアを表現することができます。

どんな形であれ、自分のアイディアを形にして創造するのは本当にやりがいがあります。

また、ゲームディレクターはプロジェクトを統括するのが仕事です。エンジニア、デザイナーなどに指示をだしプロジェクトを管理します。
つまり、ゲームの世界観やデザイン、システムなど、全て自分で作りたいゲーム世界を創ることができます。

もちろん、その分ゲームディレクターにおける責任は重大ですが、自分が好きなようにゲームを創ることができるのは、クリエイターとしてこの上ないやりがいの一つでしょう。

チームワークの楽しさ

もちろん、ひとつのゲームって一人で創るわけではありませんね。

ゲームクリア後のエンドロールを見て分かる通り、ひとつのゲームにあれだけの人が関わって一つの作品ができあがっています。

個人開発でゲームをリリースする事ができますが、大規模な開発になればたった一人ゲーム作品を創ることは不可能です。

先ほど説明した通り、ゲームディレクター、デザイナー、サウンドクリエイター、エンジニアなど、さまざまな職種が組み合わさったプロジェクトチームになり、ゲームの開発は行われます。

ひとりで黙々と作品を作り続ける、職人みたいな気質を好む人もいますが、大人数でゲーム作品を作るのも、すごくやりがいがあります。

ゲームプロジェクトで会議がある時は、自分達の意見を出し合い、ゲームがどうやったらもっと良くなるのか話し合います。

お互いに良いゲームにしようと話し合うのは、ものすごくやりがいがあり楽しいです。

特に自分の意見やアイディアが受け入れられ、ゲームに反映されたりした時は嬉しいですね。

プロトタイプのゲームをプロジェクトメンバーでプレーしてみて、バグが出た時はみんなで大笑いしたりしたのも良い思い出です。

もちろん、大勢でゲームを作っていると楽しい事ばかりではありません。

意見が食い違うこともあるし、プロジェクトの方針とは違って、自分が本当に作りたいものができない事もあります。

それでも、人と関わることで新たな技術を習得出来たり、コミュニケーションを取りながら問題の解決策を考えながら仕事していくのは大きなやりがいです。

多くの人が自分のゲームをプレイするよろこび

自分が作ったゲームが世にでて、多くの人にプレーされるのも、ゲームクリエイターの大きなやりがいの一つです。

情熱をこめて作った作品が、CMにでたりYouTubeの実況動画で見ると、今までのプロジェクトでの苦労や疲れが吹っ飛びます。

特に自分の関わったポイントが褒められていたりすると、何とも言えない喜びでまさにゲームクリエイター冥利につきるなーと感じますね。

もちろん、あるのは良い意見ばかりではありません。

つまらなかった場合はもちろん叩かれますし、酷評されることもあります。

それでも今後の自分たちの成長の糧として、意見を聞いていかなければなりません。

また、個人開発ゲームなど小規模でやっている場合は、ゲーム自体がプレイされなく悪評すら来ません。誰にも相手にされないという最悪な事態もあります。

そういったネガティブな評価や、相手にされない事に心がくじけそうになる時もありますが、今度こそ良い作品を作ってやろう!というモチベーションにもなります。

少しでも興味があるならゲーム業界に飛び込もう!

いかがでしたか?

ゲームクリエイターに少しでも興味があるなら、一度飛び込んでみるのもありかと思います。

ゲーム業界は非常に入れ替わりの激しい業界なので、未経験でももちろんチャンスはあります。

過去の記事で【ゲーム開発】未経験からゲーム業界に転職する方法

について書いたので、これからノースキルだけどゲームクリエイターとして働きたい人はぜひ参考にして下さい。

すでに何かしらの経験やスキルをお持ちの方は、ゲーム業界に強いエージェントを使って転職がよいでしょう。

オススメはファミキャリ! になります。

ファミ通ドットコムの協力を得て、クリーク・アンド・リバー社が運営している求人情報サービス。

とにかくゲーム業界の情報に強いです。相談は無料なので、とりあえず興味があれば連絡して話だけでも聞いてみましょう。

まとめ :ゲームクリエイターは非常にやりがいがある仕事

ぼく自身何社かゲーム会社をわたり歩き、その中で何十ものプロジェクトを経験してきたのですが、酸いも甘いも全て良い思い出になりました。

ゲームクリエイターとしてキャリアが浅い頃は、なかなか大きな仕事を任せてくれなかったり、会議で自分の意見を聞いてもらえなかったりしました。

でも、ゲームをつくるのが大好きで楽しく、やりがいがある仕事だったので続けてこれた。

そのうちだんだんプロジェクトでも自分のテイストやわがままが出せる様になり、もっとゲームを作るのが楽しくなってきました。

今現在は完全にフリーランスとして働いているので、大規模ゲームプロジェクトに関わることは中々ありませんが、個人開発ゲームでヒットをいつか出したいと狙っております。

どのような形になっても、ぼくはゲームクリエイターとして自分の作品を世に公開していこうと思います。

みなさんも是非、やりがいのあるゲームクリエイターの仕事を楽しんでほしいです。

おすすめ記事【現役Unityエンジニアが厳選】Unityを学ぶのにおすすめのプログラミングスクール3選

Follow me!