超重要!ゲーム業界に転職するのに必要なスキルを紹介!

ゲーム業界に転職するのに必要なスキルってなんだろう?

こんにちはカツヤです。

これからゲーム業界に転職したいけど、どのようなスキルが必要なのかわからない…

転職する業界の事を前もって勉強して、準備しておくのはものすごく重要ですよね。

そこで今回はゲーム業界で長年経験し、いくつかの会社とプロジェクトを渡り歩いたぼくが回答いたします。

また、今回はゲーム業界の職種別に必要なスキルをまとめました。

これからゲーム業界の転職を考えている方は必見です。

職種別!ゲーム業界転職に必要なスキル

ゲームプランナー

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーとはゲーム開発のプロジェクトをまとめる仕事です。

会社によっては企画とかディレクターとか呼ばれたりします。

ゲーム開発プロジェクトのスケジュール管理、エンジニアやデザイナーに支持出し、外注業者に仕事の発注や交渉などをします。

要するにゲーム開発プロジェクトのリーダー的存在です。

プロジェクトが上手く進むかどうかもゲームプランナーの腕にかかっています。プロジェクトの心臓部で非常に重要なポジションです。

ゲームプランナーに必要なスキル

スケジュール管理やプロジェクトの開発予算などを計算するのも仕事なので、数字に強い人が向いています。

また、エンジニアやデザイナーに支持を出したりするので、高いコミュニケーション能力が必要です。

その他にプレゼンテーション能力や、プロジェクトメンバーを管理する統率力も必要になります。

エクセル(Excel)でゲームの企画書や指示書を作成したり、パワーポイント(PowerPoint)でプレゼンテーションを行ったりするので、エクセルやパワーポイントができれば便利です。

ただ、うまく企画書を書いたりやプレゼンができればよいので、これらのソフトは必須ではありません。

エンジニアとデザイナーとコミュニケショーンをとるためにも、ゲーム開発の基礎知識は持つべきです。

エンジニアとデザイナーがどの様なプログラミング言語で、どのようなソフトでゲーム開発をしているのか知っておきましょう。

ゲームエンジニア

ゲームエンジニアとは?

実際にゲームを作る仕事です。ゲームプログラマーとも呼ばれたりもします。

プログラミングやゲームエンジンなどを用いて、キャラクターを動かしたりする、ゲームのシステムを作ります。

ゲームエンジニアがいないとゲームが出来ないので、必要不可欠な存在です。

また、プログラミングやゲームエンジンを扱う特性上、スキルの習得がむずかしいです。

そのため、ゲームエンジニアは給料も他の職種に比べて高い傾向にあります。

一度、ゲームエンジニアのスキルを習得すれば、他の業界でも活かせるのでつぶしがきく。

ゲームエンジニアに必要なスキル

ゲームエンジニアはもちろんプログラミングのスキルが無くてはいけません。

必要なプログラミングの言語は、何を開発するのかによって大きく変わります。

なので一概にどの言語を学ぶべきかと言うのは、非常にむずかしいです。

コンシューマーゲームであればC言語やC++、ブラウザゲームであればJavaScriptなど、スマホゲームであればSwiftやKotlinなど、ざっくり説明すればこんな感じです。

また、ゲームエンジンも扱えることが非常に重要です。

代表的なところではUnity(ユニティ)UnrealEngine(アンリアルエンジン)などが代表的な所です。

UnityもUnrealEngineもマルチプラットフォームなので、スマホゲームもコンシューマーゲームも開発できちゃいます。

おすすめのゲームエンジンはUnityです。Unityで開発しているゲーム会社は多いので、単純に仕事を得られる確率が高くなります。

その他にも、アルゴリズムの知識だったり、IT関連の基礎知識も必要になります。

基本情報技術者試験に合格するレベルの知識があれば十分と思います。

ただ、こちらの資格は無くてもゲームエンジニアになる事はできます。実際に試験に落ちた人、資格を持ってないゲームエンジニアに何人も会ったことがあります。資格はあくまで参考程度に。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーとは

ゲームデザイナーと言ってもその種類は多くあります。

キャラクターをデザインするキャラクターデザイナー、3Dオブジェクトを作る3Dデザイナー、アニメーションを作るモーションデザイナー、
UIをデザインするUIデザイナーなどが代表的なところです。

ゲームの見栄えを担当する仕事で、ゲーム業界で花形の仕事でもあります。

多くの人がめざす人気の職種でもあり、倍率も非常に高いです。

ゲームデザイナーに必要なスキル

ゲームデザイナーは芸術的なスキルが何より必要になります。そのため、美大や美術専門学校を卒業してゲームデザイナー職に就く人も多いです。

芸術的なスキルは生まれ持ったものではなく、デッサンなどの訓練で身に着ける事も可能です。

つまり、モノを見る観察力が非常に大事になります。美大や美術専門学校を通わなくとも、スキル習得ができるので安心してください。

ゲームデザイナー画像編集ソフトのスキルが必須になります。3Dデザイナーであればなどの3Dソフトのスキルが必須です。

画像編集ソフトは無料でもGIMP(ギンプ)など色々ありますが、有料版のPhotoshop(フォトショップ)が絶対におすすめです。

月額1000円くらいで使えますので、ゲームデザイナーをめざすなら絶対にサブスクしましょう。

3DのソフトであればMaya(マヤ)3ds Max(スリーディーエスマックス)が多くの現場で利用されていると思います。

ただ、有料版のこの2つのソフトはべらぼうに高いです。

Mayaも3ds Maxも一年間に¥272,800もします。とても個人で出せる金額じゃありませんね。
そこで、おすすめするのがblender(ブレンダー)です。

こちらオープンソースのソフトなので、なんと無料で利用できます。機能も有料版のMayaと3ds Maxと比べて引けをとりません。

独学で勉強するならblenderで3dの勉強をはじめて、ポートフォリオを作成するのが良いです。

3Dソフトの基本は一緒なので、就業後他のソフトを使うのもすぐに慣れると思います。

スキルよりも大切なこと

もちろん、今まで紹介してきたスキルはすごく大切です。

現場の求めるスキルと合致すれば、すぐに就業ができるでしょう。

ただ、スキルよりも大事なものあがあって、それはゲーム制作に対する情熱です。

最終的にはこの熱意がある人がゲーム業界に転職できると思います。

この熱意は言葉で「やる気があります!」と伝えるのではなくて行動で示してください。

毎日時間があればポートフォリオ作成やゲーム開発の勉強をしていました。

そういった事が提出したポートフォリオや、面接での受け答えで自然と伝わってきます。

ぼくも未経験からゲーム業界に転職しましたが、そういった熱意が伝わったのだと思います。

エージェントに相談しよう

ゲーム業界に転職を本気でめざすなら、エージェントに相談した方が早いです。

理由はその道のプロで、何人もの人を就業させてきた経験があるので、転職に関することを的確にアドバイスとサポートをしてくれます。

ぼく自身もゲーム業界の転職の際にはお世話になりました。

ゲーム業界に転職のおすすめのエージェントはファミキャリ! さんです。

ゲーム業界に特化したエージェントなので、ゲーム業界の転職にどこよりも詳しいです。

ファミキャリ! については過去の記事ゲーム業界へ転職のおすすめエージェントならファミキャリ!で詳しくまとめているので、興味のある方はこちらもご覧ください。

ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ!

まとめ

ゲーム業界の開発現場に携わりたいなら、スキルが必要です。

独学でも、スクールで身につけるもよしです。

一度身につけばスキルは一生もの、今後の人生で約に立つ事間違いありません。

すでにスキルのゲーム業界で通用するスキルある人は、興味があるなら転職活動してみましょう。

ゲーム業界の転職って多くて、常にプロジェクト内で入れ替わりがあります。

もしかしたら、ゲームの開発現場で働く事が楽しくなり、やりがいを感じるかも知れません。

ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ!

Follow me!