ゲーム業界に転職に資格は必要?業界経験者が暴露!

ゲーム業界に転職するのに必要な資格ってあるのかな?

どんな資格があるとゲーム業界への転職が有利なんだろう?

こんにちはカツヤです。今回はゲーム業界に転職するのに必要な資格はあるのか?

また、どんな資格があるとゲーム業界への転職が有利になるのかを解説していきます。

ぼく自身、未経験からゲーム業界に転職し、長年ゲーム業界で働いてきた経験を元にお話ししていきます。

これからゲーム業界に転職したい方は参考にしてください。

ゲーム業界の転職に必要な資格は?

結論から言うと、ゲーム業界に転職するのに必要な資格はありません。

また、持っていてゲーム業界への転職がすごく有利になる資格もありません。

それ以上に重要な事があります。ぼく自身ノー資格でゲーム業界に転職できました。

特別な資格がないとゲーム業界に転職出来ない、なんてことは無いので安心してください。

それでは次に、なぜゲーム業界に資格が必要ないのか、深堀して解説していきます。

ゲーム業界に資格がいらない理由

なぜゲーム業界で資格がいらないのかというと、スキルと経歴が重要視される傾向にあるからです。

どんな事ができて、どんなプロジェクトでの開発経験があるのか、その人のスキルと経験は使えそうか。。。

などで判断されます。ゲーム業界はスキル実力主義の傾向がつよいです。

また、ゲーム業界は転職も多く、人員が欠ける事もしばしばあります。

そのため、仕事のできる即戦力の人員を求めています。

なので、資格という判断材料よりも、現場で何ができるのかを見るスキル重要視になりやすいんですね。

スキルが無ければ採用されにくいという側面もありますが、未経験でもスキルがあれば採用されるという面もあります。

ゲーム業界で資格の事を聞いてみた

ぼくがゲーム会社で働いていた時の話。

飲み会で資格の話になったので、資格を何か持っているのか聞いた事があります。

エンジニアの同僚に「基本情報技術者」の資格を聞いてみたところ、ほとんどの人が持っていなかったです。

中には試験を受けたけど落ちたという人もいました。

資格を持っている数人の人も「学校で受けろと言われたらから受けた」といった感じでした。

「ゲーム業界に転職する為に必要だったから取った」という人は一人もいませんでした。

その他にゲームデザイナーやゲームプランナーにも同じことを聞きましたが「ゲーム業界に転職する為に〇〇の資格を取った」という人はおらず。

ゲーム業界がいかに資格を重要視してないかわかった瞬間でしたね。

ちょっとは役立つ?!ゲーム業界で使える資格

今までさんざん「ゲーム業界の転職に資格は必要ない」と言ってきましたが、もちろん資格があって損はありません。

何か資格があれば履歴書に書くべきですし、持っている資格は有効に活用しましょう。

ということで次に、ゲーム業界にあれば役立つかもしれない資格を紹介します。

ITパスポート、基本情報技術者試験

似たような感じですが、ITパスポートより基本情報技術者試験の方が難易度が高いです。

基本情報技術者試験は総務省が認定する国家資格になります。

情報系の学部に出ていない人が、ITに関する基礎的な知識を証明する事ができます。

Unity認定資格

ゲームエンジンUnityがどれだけ扱えるか証明する試験になります。

Unityは現在もっとも人気のあるゲームエンジンの一つで、Unityで開発している現場も多いです。

証明書のレベルはUser、Associate、Professional、Expertの4段階あります。

ここ数年で始まったばかりの試験であり、まだ社会的認知度も低いです。

そのため、Unity認定資格の公式サイトでは英語がほとんど。試験を受けるのに英語が必須。

CGクリエイター検定

ゲームデザイナー向けの資格。映像表現の技術やCG理論の知見、CGソフトを効果的に用いる能力が求められます。

2次元のCGデザインの基礎から、モデリングやアニメーションなどの3次元CG作成の方法が問われます。

デザインの総合誌「MdN」とNPO実務能力認定機構 「 ACPA(アクパ)」より認定されています。

CGクリエイター検定

色彩検定

ゲームデザイナー向けの資格。配色についての基礎知識を証明できるようになります。

文部科学省後援の公的資格であり、社会的認知度も高い。

色々な場面にで活かせるので、ゲームデザイナー以外でも知識があると良さそうです。

色彩検定

TOEIC

言わずと知れた英語の資格です。大企業だとTOEICがあると優遇してくれる可能性あり。

だいたいTOEICスコア700点くらいから履歴書に書けるレベル。

インターナショナルなゲーム開発現場もあるので、英語能力を証明するのにもってこいの資格。

ゲーム業界転職に資格はあれば良いってレベル

使えそうな資格をまとめましたが、やはり重要度は低いです。

「持っていれば履歴書に書こう」くらいの気持ちで大丈夫。

まとめ:資格よりもスキルアップしよう!

述べてきたとおり、ゲーム業界の転職には資格は必要ないです。

未経験からゲーム業界に転職したい人は、資格の心配はしなくても良し。

資格を取る為に勉強の時間を費やすくらいなら、ポートフォリオの作成に時間を費やしましょう!

ゲーム作成したり、ゲームの企画書を書いたり、3Dの作品をつくったりして下さい。

そちらの方が絶対に就業後も役立ちます。

良質なポートフォリオは転職活動に必須です。資格よりもアピールポイントになります。

もし本気でゲーム業界に転職したいなら、エージェントに相談しましょう。

おすすめは「ファミキャリ! 」です。理由はゲーム業界特化のエージェントなので、ゲーム業界転職に関してのエキスパートだからです。

過去に「ゲーム業界へ転職のおすすめエージェントならファミキャリ!」で紹介しているので、こちらも気になった方はご覧ください。

ゲーム業界に転職したいなら、とりあえずは無料相談してみるのもアリかと思います。

あなたに合っているかも知れません。

ゲーム業界 正社員・契約社員で働くならファミキャリ!

Follow me!