30代未経験でもエンジニアに転職は可能か?

これからエンジニアをめざしたいけど、30代未経験でもエンジニアに転職できるのかな?

こんにちはカツヤです。

コロナ禍で手に職をつけたいと思い、エンジニアに転職する人が増えています。

中には30歳を過ぎてからエンジニア転職を考えている方もいるでしょう。

そこで今回は現役エンジニアのぼくが、30代未経験からエンジニアに転職出来るかどうか解説していきます。

30歳を超えてエンジニアに転職しようかどうか考え中の方は必見です。

30代未経験がエンジニア転職できるの?

結論から言うと、30代未経験がエンジニア転職は可能です。

ただし、かなり厳しい道になります。

30代でこれからエンジニアを目指そうという方は、これを覚悟しておいた方が良いです。

それでは次に、「なぜ30代からのエンジニア転職が難しいのか?」を深堀して解説していきます。

30代未経験がエンジニア転職が難しい理由

即戦力が求められる

20代であれば今後の成長を期待されて、ポテンシャル採用などもあるでしょう。

ですが、30代であれば仕事ができる事を期待されている、即戦力としての採用がほとんどになります。

それはエンジニアとしてのスキルに限った事ではなく、社会人としての一般常識やコミュニケーション能力など、
若手に対しても手本となるような人物であることが求められます。

エンジニアはある程度経験を積み30歳くらいになると、プロジェクトをまとめるリーダーとなる事が多いです。

つまり、30代であれば同じ未経験でも、20代より求められる事が多くなります。

技術に差がある

エンジニアとして活躍する若い世代は、幼いころからプログラミングを覚えシステムを作り、情報系の大学で勉強をしてきた人達がたくさんいます。

もちろんエンジニアになるには、そこまで高い技術力は必要ないと思います。

平均点より少し上を取れれば、エンジニアとして十分に働けます。

しかし、エンジニアとして働くのであれば、このように若くてスキルの高いエンジニア達と一緒に仕事をし、時にはラビバルになる事を頭に入れておかなければいけません。

つねにスキルを磨き努力をしていく覚悟が必要なのは言うまでもありません。

このプレッシャーに押しつぶされてしまう事もないとは言えないです。

現場のほとんどは若い世代

プロジェクトの開発現場で活躍するエンジニアのほとんどは20代の若い世代です。

もし30代でプロジェクトに入ったら、ほとんどの人が年下になるかもしれません。

もしかしたら、プロジェクトリーダーが自分より年下になる事もあります。

部下が年下であれば支持や指導しづらいと感じ、30代のエンジニア採用が避けれているのも事実です。

30代未経験エンジニアのアピールポイント

ネガティブな事ばかり書いてきましたが、ポジティブな事もあります。

次に30代未経験がエンジニアを目指すの際のアピールポイントを紹介します。

前職までの経歴と実績

エンジニアとして全く関係なさそうな事でも、前職までの実績があれば有効に活用すべきでしょう。

たとえばチームでリーダーとして働いた経験や、会社の内外で表彰された事、前職で役職に着いたり、達成したプロジェクトや商談etc..などなど何でもアピールしましょう。

若さと期待値で20代にはどうしても敵わないので、経験と実績を武器に戦いましょう。

30代で未経験であれば、企業の採用担当は前職で培った技術が何なのかを見ています。

人間性

会社で働く以上は組織の一員です。エンジニアはずっと一人で働いているわけではありません。

30代であれば、前職までの経験で培ったコミュニケーション能力などの、組織でうまくやれるかも見られます。

会社に上手く溶け込み、適切に振舞える能力や人間性が非常に重要になります。

仕事に取り組む姿勢

たとえエンジニアとしてのスキルが乏しくても、仕事に対して取り組む姿勢や問題解決の能力なども見られます。

何かわからない事があった時に、いつも誰かに聞くような自立心の無い人ではダメです。

新卒と違い一から十まで教えなくとも、30代であれば何か問題があれば一人で解決できる力が必須です。

このような自走能力を企業の採用担当は見ています。

また、スキルが無くとも積極的にミーティングで発言する姿勢など、取り組む姿勢や行動は期待されています。

30代未経験がエンジニア転職する方法

説明してきたとおり、30代未経験からエンジニアになるのは大変です。

これらの事をふまえて、ITエンジニアになりたいとなら応援します。

IT業界は今後も成長していきますし、エンジニアは不足すると予想されています。

もしかしたら未経験からの転職であれば、あなたの給料は下がるかもしれません。

それでもあなたのスキルが上がれば、給料もどんどん上がっていきます。

次に30代未経験からのエンジニアを目指す方法を解説します。

プログラミング習得

まず、エンジニアならプログラミングが出来なくてはいけません。

プログラミングの習得方法は独学かプログラミングスクールに通うか二通りあります。

ですが、30代でエンジニアを目指すのであれば、プログラミングスクールをオススメします。

理由はプログラミングスクールの圧倒的なサポート体制で、すぐにプログラミングを習得することができるからです。

30代には時間がありません。

高いお金を払ってでも、自己投資と考えてすぐにプログラミング能力を手に入れる事をおススメします。

また、どのスクールも就職のサポートを行っている所がほとんどです。面接やポートフォリオ作成のサポートもしてくれるので、使わない手はないです。

おすすめのプログラミングスクールは「【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選」の記事に書いたので、ぜひ一読してください。

転職エージェントに相談

プログラミングを習得して就職活動するなら、エージェントに登録する事をおすすめします。

エージェントは転職のプロなので、あなたの転職を成功させるために徹底サポートしてくれるからです。

登録と相談は無料でできるので使わない手は無いですね。

ITエンジニアオススメのエージェントは「エンジニア転職におすすめのエージェントを紹介」の記事でまとめたので、興味のある方は一読ください。

絶対にあなたの力になってくれます。

また、未経験からエンジニアを目指す方法を「未経験からエンジニアに転職する方法を解説」の記事にまとめています。

もっと詳しく知りたい方は是非一読ください。

まとめ

今まで書いてきた通り、30代未経験からエンジニアを目指すのは大変です。

ですが、本当にこれからエンジニアを目指して、人生を変える決意があるなら簡単だと思います。

「努力と根性」といったような根性論はあまり好きではないのですが、本当に成し遂げたいとう熱意は大事です。

覚悟が決まった人間ほど強い物はいません。

みなさんの転職が上手く行くことを心より願っています。最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事:未経験からエンジニアに転職する方法を解説

おすすめ記事:独学でWeb系エンジニアを目指す勉強方

おすすめ記事:【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選

Follow me!