エンジニアが転職するのにベストな時期とは?

エンジニアが転職するのに適切な時期っていつだろう?

転職に一番適した時期を知りたい!

この様な疑問にお答えします。

こんにちはカツヤです。

これからエンジニア転職を考えている方が、転職のタイミングを気にするのは大事です。

時期によっては求人数が多かったり、ライバルが少なかったりと転職にベストなタイミングを気にするのは当然のこと。

そこで今回は、現役エンジニアのぼくがエンジニア目線で「エンジニアが転職にベストな時期」解説いたします。

いつ転職活動をしようか悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

エンジニアが転職に適切なタイミングとは?

ぶっちゃけ自分が転職したいと思ったらいつでもOKです。

「思い立ったが吉日」という言葉があるように、転職したいと思ったらそれがベストなタイミングだと思います。

それでは次に、なぜ自分の辞めたいときに転職するのがベストなのかを深堀して解説していきます。

エンジニアは転職したい時にするのがベストな理由

どの時期でもマイナスにはならない

4月の新体制に合わせるなら2月~3月が求人数が多くて良い。

ライバルが少なくなる4月~5月が就職しやすくて良い。

などなど転職市場を考えれば、求人が多い時期やライバルが少ない時期などあるのも事実です。

ですが、ぶっちゃけどの時期に転職してもマイナスになる事は絶対にないです。

損をする事にならないなら、自分のタイミングで辞めのがベストです。

どの時期にもメリットとデメリットはある

2月~3月が求人数が多くて良いメリットがあるが、ライバルが多くなるデメリットがある。

ライバルが少なくなる4月~5月が就職しやすいメリットがあるが、求人数が少なくなるデメリットがある。

8月~9月は求人数が多いメリットがあるが、下半期からなので即戦力、高い実績を期待される。

この様にどの時期にもメリットやデメリットがあり、時期的な損得を考えていたらキリがありません。

そんな事に頭を悩ませているよりも、自分が辞めたいと思うタイミング、自分主体で考える方がよいでしょう。

ITエンジニアは売り手市場

日本のIT業界の人材不足が予想されています。

経済産業省はITの人材不足は今後も加速していき、2030年には70万人の人材不足が発生すると予想しています。

(引用: IT 人材需給に関する調査 - 調査報告書 – 経済産業省

この様な背景から時期を問わずエンジニアは売り手市場であり、時期を問わず転職ができる傾向にあります。

いじめ・パワハラを受けたら今すぐ

もしあなたが現在の職場で、いじめ・パワハラ・セクハラなどの不当な扱いを受けているとしたら、時期を問わずすぐに転職しましょう。

「今は転職の時期ではないから、2月まで待とう」と決めて今の職場に留まったら、精神的にもっと支障をきたすかも知れません。

うつ病になってしまったら治すのにも時間がかかります。身体を壊しては元も子もないです。

この様な状況にある人は時期などは気にせず、最低限の仕事の引継ぎをしてすぐに辞めてしまいましょう。

転職はいつでもOKではない?

プロジェクトを終えてから辞めるべき

賞与を貰ってから辞めるべき

最低限1年は勤めてから辞めるべき

スキルに不安なのでライバルが多い時期は避けるべき

などなど、この様な意見も理解できます。

さまざまな理由で辞めたいと思っても、なかなか自分のタイミングで辞められない人もいると思います。

事情は個人によってさまざまなので、いろいろな転職市場の時期的タイミングを気にするのも良いでしょう。

しかし、最終的には自分の直感や辞めようと思ったタイミングで決めるのがベストです。

転職市場のベストな時期を考察しても、転職に踏み切れない理由は無限にでてきます。

優柔不断になりグズグズと決めかねていたら、結局転職のタイミングを逃してしまいます。

あくまでも転職市場の時期は参考程度にして、最後は自分の直感を頼りにしましょう。

転職するならエージェントを

もしエンジニア転職をするなら、転職エージェントに相談するのがベストです。

無料で転職のプロが徹底サポートしてくれるので、利用しない手は無いですね。

ITエンジニアのオススメのエージェントは「レバテックキャリア」です。

IT専門のエージェントなので、エンジニア転職の力になってくれます。

また、オススメエージェントは「エンジニア転職におすすめのエージェントを紹介」の記事にまとめたので、興味のある方は是非一読ください。

まとめ 直感は大事

転職市場の動向を気にするのは非常に大事です。

しかし、あまり気にしすぎたら中々転職という行動に移せなくなります。

あくまで参考程度にしておきましょう。

説明してきたとおり、どの時期に転職をしてもマイナスになる事はありません。

ITエンジニアは売り手市場なので、時期を問わずニーズがあります。

最後は自分の直感で決めてしまうのが一番良いと思います。

自分で責任をもって決めた決断なら後悔しませんからね。

おすすめ記事:未経験からエンジニアに転職する方法を解説

おすすめ記事:独学でWeb系エンジニアを目指す勉強方

おすすめ記事:【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選

Follow me!