時間のムダ!プログラミングの勉強は意味がない?

これからプログラミングの勉強をしようか考えている。

けど、プログラミングの勉強って意味があるのかな?

こんにちはカツヤです。

昨今のプログラミングブームでプログラミングを学ぶ人が増えています。

小学校でのプログラミングの授業の必修化も始まり、プログラミングは社会で必須のスキルになるとも言われています。

でも実際プログラミングを覚えたところで、どの様な時に役にたつのか?

「プログラミングの勉強は意味がない」なんて言う人もいますし、プログラミングの勉強をしようとしている人は混乱しますよね。

そこで今回は現役エンジニアのぼくが「プログラミングの勉強は意味があるのか?」について解説いたします。

これからプログラミング学習をはじめようとしている方は、ぜひ参考にして下さい。

プログラミング勉強は意味がある?

結論から言うと「プログラミングの勉強に意味があるかは人による」です。

ある人からすればプログラミングの勉強はすごく意味があるし、またある人にとってはプログラミングを勉強する事になんの意味もありません。

それでは次に、どの様な人にプログラミング学習が意味があるのか、また意味がないのかについて深堀して解説いたします。

プログラミング勉強の意味がある人

まずプログラミング学習の意味がある人を紹介します。以下に当てはまるなら、プログラミングを学習する事に意味があるので、今すぐにでも始めましょう。

エンジニアになりたい人

エンジニアになりたいのであれば、当然のようにプログラミングのスキルが必要になるので、プログラミング学習は意味があると言えます。

エンジニアをめざしているのなら迷わずプログラミング学習をはじめましょう。

また、エンジニアであればプログラミングのスキル以外にも、コンピューターに関する知識も必要になります。

詳しくは過去の記事「独学でWeb系エンジニア転職を目指す勉強方」に書いたので、興味のある方は一読ください。

プログラミングスクールでいち早くスキルを手に入れたい方は「【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選」におすすめスクールを書いたので、ぜひ参考にして下さい。

作りたい物がある人

「オリジナルのゲームが作りたい」「自分でホームページを作成したい」などの様に作りたいものがある人は、プログラミングをする意味があります。

この様なモチベーションでプログラミング学習をはじめる人は、プログラミングを学ぶ事が目的ではないのでスキルの習得も早いです。

また、エンジニアになりたくてプログラミングをはじめた人でも、何か作りたいものがある方がエンジニアとして向いているでしょう。

最近は趣味でゲーム作成をしたり、アプリを開発したりするサンデープログラマーも増えています。

パソコンに詳しくなくても、初心者にわかりやすい本やYouTubeのチュートリアルも最近はそろっているので、簡単にプログラミングを始める事ができます。

ちなみに、世界最高齢のプログラマーは若宮正子さんは、なんと75歳からアプリ開発の勉強をはじめて、アプリをリリースしました。
(参照:世界最高齢アプリ開発者・若宮正子 80代の勉強法

この記事を読んでいるほとんどの人が75歳以下だと思うので、年齢は言い訳にできませんね。

もし、作りたい物があるなら年齢を気にせずプログラミングをはじめましょう。

プログラミング勉強の意味がない人

それでは次に、プログラミング学習をするのに意味が無い人を紹介します。

下記の事項に当てはまるなら、プログラミング学習をする事を考え直した方が良いかもしれません。

目的なしに勉強する人

「エンジニア不足だからとりあえず勉強」「将来もしかしたら使えるかも知れない」

このように具体的な目的なしにプログラミングを勉強するのには意味がありません。

このような感じで勉強を始めると、途中でモチベーションが無くなって挫折するでしょう。

どんな事でもそうですが、とりあえずという中途半端な気持ちで勉強したことが、将来的に役に立つ事ってほぼ無いです。

そんな事に時間を割くくらいなら、少しでも自分の興味のもてる事や役に立つ事を勉強する事をおススメします。

そっちの方が数十倍も自分の将来に役に立つと思いますし、何より人生楽しいですからね。

副業のために勉強する人

「エンジニアは今稼ぎが良い」「人材が少ないから副業でも稼げる」このような理由で副業として稼ぐために、プログラミングを始める人が多いのも事実です。

ですが、副業のためにプログラミング学習はあまりおススメできません。

理由は「副業で稼げるレベルになるには簡単ではない」からです。

プログラミングで稼げるようになるまで、かなりの勉強時間を要します。

数か月プログラミング学習をした後に、ようやく数万円くらいの案件が手に入るようになる程度です

副業のためにわざわざプログラミングを勉強したら、費用対効果はよくないです。

「プログラミングが本当に好き」「何か作りたいものがある」こういった理由がないと、学習を続けるのは難しいでしょう。

副業をするなら、今持っているスキルを使うのがベストです。自分に合っている方法を模索しましょう。

こどもの習い事としてプログラミングは意味がある?

2020年になってから、小学校でプログラミング学習の必修化も始まりました。

このような背景から、子供向けのプログラミング教室も増えてきており、子どもの習い事としてプログラミングを考えている方も多いようです。

ではこのようなプログラミングの勉強には意味があるのか?

結論から言うと、お子さんが興味があるならありだと思います。

パソコンやITテクノロジー、プログラミングに興味があるなら、ぜひやらせてあげてください。

興味がある事をやるのが一番成長できると思います。

ぼく自身、子どもがエンジニアという仕事に興味を持つかもしれないので、小学校のプログラミング教育もプログラミングスクールも大賛成という立場です。

ただ、小学校のプログラミング教育や、プログラミング教室に通った事で将来優秀なエンジニアになれるかどうかは別問題。

まあ、あくまでも子どもの習い事なので、お子さんが楽しくやれるのが一番だと思います。

まとめ

興味や目的をもってやるなら、プログラミングの勉強は大いに意味があります。

まあ、どんな事にもあてはまりますね。

「今の時代プログラミングくらい出来た方が良いかな?」こう考える必要は全くないのでご安心を。

べつにプログラミングが出来なくても生きて行けます。

なんなら、エンジニアの種類によってはプログラミングが得意でない人たちもいます。

ちゃんと自分の適性を見極めて、興味が持てる事を勉強しましょう。

もしプログラミングに少しでも興味があり、何か作りたいものがあるなら、プログラミング学習を強くおススメします。

独学でならお金をかけずに、簡単にプログラミング学習をはじめられます。

是非一度トライしてみましょう。もしかしたら合っているかも知れません。

おすすめ記事:未経験からエンジニアに転職する方法を解説

おすすめ記事:独学でWeb系エンジニアを目指す勉強方

おすすめ記事:【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選

Follow me!