エンジニアはどの学部で学ぶべきなのか?

エンジニアになりたいけど、大学に行くならどの学部に行くべきかな?

情報系の学部を卒業してないけど、エンジニアになれるか心配…

この様な疑問にお答えします。

こんにちはカツヤです。エンジニアになりたい高校生は、これからどの学部に行くべきか悩むところですよね。

また現在、大学生や社会人の方は情報系の学部じゃなくてもエンジニアになれるのか気になるところ。

そこで今回は現役エンジニアのぼくが「エンジニアはどの学部で学ぶべきなのか?」について解説いたします。

これから、エンジニアになりたい人は必見です。

エンジニアになるためにはどの学部に行くべきか?

結論から言うと、エンジニアに学部は関係ないです。

この記事を書いているぼくも文系出身ですが、エンジニアになれました。

これからの進路を考えている高校生の方も、文系の大学生や社会人の方も安心してください。

それでは次に、なぜ「エンジニアになるのに学部は関係ないのか?」について深堀して解説いたします。

エンジニアに学部が関係無い理由

エンジニアはとにかく経験とスキル重視であるからです。学部より現場で使えるかどうかが一番大事なポイントになります。

実際に求人の募集で、「情報系や理系の学部卒業が必須」になる事はほぼないです。

エンジニア不足が続いている昨今でそんな事をしたら、応募者が激減してたいへんな事になりますからね。また、新卒のエンジニア採用であれば企業が育ててくれる場合もあるので、プログラミング未経験でも問題ありません。

もちろん、研修を始めた頃は、理系出身と文系出身で多少差が出るのも事実です。

しかし、業務を開始してある程度年月がすぎれば、文系出身と理系出身の差はなくなります。多くの開発現場で高い数学的な知識が必要になる事もないので、出身学部が業務に影響することもありません。

以上の事から、エンジニアがどの学部出身であろうと関係ないと言えます。

情報系学部じゃない元エンジニアの著名人

ここで理系または情報系の学部出身ではない、元エンジニアの著名人を紹介いたします。

現役バリバリのエンジニアではありませんが、文系出身のエンジニアで成功した方たちです。

堀江貴文さん

みなさんも知っているでしょう、ホリエモンこと堀江貴文さんです。

最終学歴は東京大学文学部中退でバリバリの文系出身。

そんな堀江さんは東大在学中にエンジニアとして起業し、後の活躍はみなさんのご存知の通りだとおもいます。

山田進太郎さん

メルカリの社長さん。楽天でインターンをし、オークションサービスを立ち上げを行ったそうです。

そんな山田さんの最終学歴は早稲田大学教育学部で文系です。

働きながらプログラミングを勉強し、数々のWebサービスを世にリリースしてきました。今やメルカリは誰もが知っているサービスになりましたね。

田中良和さん

田中さんは日本大学法学部政治経済学科卒業で文系です。趣味でSNSを開発して、個人運営に限界を感じグリー株式会社を創業。

なんと4年余りでナスダックに上場し、2年後には東証一部上場をはたしました。

今回紹介したのは、ほんの一部です。現役バリバリの凄腕エンジニアで文系出身の方も沢山います。なので、エンジニアになりたいなら学部を気にする必要はありません。

エンジニアに学部は重要な場合

とはいえ、エンジニアの出身学部が重要になる場合もあります。それは、高度な数学的な知識が必要になる場合です。

当たり前ですが、文系卒と理系卒では数学の知識に雲泥の差があります。エンジニアの種類、業務によっては、高度な数学を学んだ理系出身である事が必須です。

たとえば、ツールやライブライリの作成、OSSの開発、GAFAのような外資系企業でシステム開発、AI(機械学習)ディープラーニング分野で開発、などなど、、、

以上の業務に携わりたいのであれば、理系出身でないと厳しいです。文系の学部でもなれるかもしれませんが、プログラミング学習の他に数学の学習にも時間を割く事を覚悟しておいてください。

また、ゲームエンジニアも業務によっては、数学や物理演算などの知識が必要になる場合もあります。

もしまだあなたが高校生であり、エンジニアになりたい事を心に決めているならば理系をオススメします。今後エンジニアとして、どんなキャリアも歩める可能性があるからです。

また、海外で働くのであれば、国によっては大学で情報系の学部卒が必須だったりします

なので、海外志向のある人は情報系の学部を卒業しておくのが良いでしょう

エンジニアになりたいなら

エンジニアになりたいならどの学部出身でも大丈夫。しかし、本気でエンジニアになりたいならプログラミングスクールで学ぶ事をおススメします。

理由は圧倒的なサポートで勉強できるので、挫折することなく最速でプログラミングが習得できるからです。

年齢が20代後半や30歳を超えているなら時間が無いので、特に早く習得した方が良いです。なぜなら、未経験からエンジニアに転職するには、若ければ若い方が有利だからです。

同じスキルレベルの未経験であれば、伸びしろがあり柔軟な若い人を選びますからね。

オススメのプログラミングスクールは「最高品質!就職に有利なおすすめプログラミングスクール3選!」にまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

もし、自分で勉強するのに慣れており、自己管理ができる方なら独学でプログラミングを習得するのもありです。

そんな方は「極意を伝授!独学でWeb系エンジニア転職を目指す勉強方!」この記事を参考にして下さい。ぼくが独学でエンジニアになったノウハウを記しました。

まとめ

1)エンジニアになりたいなら、基本的にはどの学部でも大丈夫。

2)高い数学知識が必要な場合は、情報系の学部出身である事が必要。

3)海外でエンジニア就職したいなら情報系学部出身であった方が良い。

4)高校生であれば情報系の学部で勉強する方が絶対に良い。

さくっとまとめるとこんな感じです。

いま高校生でエンジニアになりたいのであれば、絶対に情報系の学部で勉強した方が良いです。なぜなら、情報系で勉強するとエンジニアとしてのキャリアの選択肢が広がります。また、将来海外で働きたいと思ったとき、情報系学部出身である事は非常に役立ちます。

とはいえ、何度も言いますが基本的には学部は心配する必要はありません。エンジニアをめざしているなら、とことん突き進みましょう。

ぼく自身も文系の学部出身のエンジニアですが、文系だからという事で業務で困ったことはありません。多くの現場では理系の専門的知識が必要にならない事がほとんどです。

なので、文系でエンジニアをめざそうとしている方も安心してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

おすすめ記事:未経験からエンジニアに転職する方法を解説

おすすめ記事:極意を伝授!独学でWeb系エンジニア転職を目指す勉強方!

おすすめ記事:最高品質!就職に有利なおすすめプログラミングスクール3選!

Follow me!