0を1に!プログラミングは何から始めればいい?

これからプログラミングを勉強したいけど、いったい何から勉強すればよいのだろう?

このような疑問にお答えします。

こんにちはカツヤです。最近のプログラミングブームもあり、これからプログラミングを勉強したい人が増えています。でも、プログラミング未経験の方は、どうやってプログラミングの勉強を始めるのか分からないと思います。

そこで今回は現役エンジニアのぼくが「プログラミング学習は何から始めればよいのか」について解説いたします。これからプログラミングを勉強したい人は必見です。

ステップ①:目的を明確にしよう!

まず何よりプログラミングを学ぶ目的を明確をすることが大事です。

たとえば

ホームページを作りたい

オリジナルアプリをリリースしたい

エンジニアに転職したい

などなど、あなたのプログラミングの目的を具体的にはっきりさせましょう。そこから逆算して何をどうするか考えていく事になります。つまり、目的を明確にすることは、プログラミングの勉強を始めるうえで一番大事です。

また、よく初心者にありがちなのが

「HTMLは簡単で初心者向きだから、HTMLからはじめよう」

このように簡単という理由でプログラミング言語を選択する事はおススメしません。

そもそも初心者向きのプログラミング言語なんて存在しないです。たしかに、プログラミング言語の中には簡単なものもあります。しかし、それがあなたの目的に合っていないなら、学んでも全く意味が無いです。

アプリを作りたい→SwiftやKottlin

ゲームを作りたい→UnityとC#

このように、目的に合った言語を選択すればOK!

また、中には全く目的が無いのにプログラミングのを勉強したい方もいるかも知れません。

「プログラミングを学習したいけど特にやりたい事はない」

「とりあえずプログラミングをはじめたい」

こんな感じでプログラミングを始めるのなら、プログラミング学習はあまりおススメしません。目的がないとプログラミングの学習プランが立てられないからです。

ゴールを決めずに旅に出るようなもので、ただウロウロするだけの意味がない旅になります。

ステップ②:目的に必要なモノを考えよう!

さて、プログラミングを学ぶ目的を明確にしたら、目的の達成に必要なものが何かを考えます。

たとえば

ホームページを作りたい→HTML、CSS、JavaScriptなど

スマホアプリをリリースしたい→Kotllin、Swiftなど

エンジニアになりたい→どんなエンジニアになりたいのか決める→バックエンドエンジニア:HTML、CSS、PHP、Ruby、SQLなど

こんな感じに目的から逆算して、どんな言語が必要なのかを調べてみましょう。

言語以外にも、目的に合った必要な知識をどんどん調べて下さい。

「ホームページを公開するにはレンタルサーバーとの契約が必要だな。」

「WindowsではiOSのアプリが開発できないので、mac PCが必要になるな。」

などの様に開発に必要な知識をしっかりと固める事が大事です。

また、プログラミングを覚えてエンジニアになりたいのであれば、まずどんなエンジニアになるのか決めましょう。フロントエンドなのか、バックエンドなのか、スマホアプリのエンジニアなのか。

なりたいエンジニア像があるのであれば、特に作りたいものが無くても大丈夫です。ですが、エンジニアであれば最低限ITテクノロジーに興味があった方が良いでしょう。

エンジニアとして業務をするのに「作りたいものがない」「ITテクノロジー興味もない」これだと、エンジニアとして働くのにかなりしんどいからです。

ステップ③:基礎知識(コンピューターサイエンス)を学ぼう!

エンジニアをめざすにしろ、趣味としてプログラミング覚えるにしろ、最低限のコンピューターサイエンスの知識を持ちましょう。

目安

趣味でプログラミング→ITパスポート試験

エンジニアをめざす→基本情報技術者試験

これくらいのレベルの知識が必要です。

「ある程度パソコンには詳しいから問題ないよ!」という方でも一度、パラパラっと「ITパスポート試験」か「基本情報技術者試験」の本を読んでみましょう。

今までIT業界に携わったことがなく、情報系を勉強したことがない人なら、かなり難しく感じるはずです。実際に試験を受けなくてもいいので、試験対策の本を一冊読んで「ああ、なんとなくこんな感じなんだなぁ」と理解できればOK。

ITパスポート試験も基本情報技術者試験も同じ団体がやっているので、学習内容はかなりにています。

ITパスポート試験のレベルはかんたんで、少し勉強すればだれでも合格できるでしょう。また、基本情報技術者試験は「基本」と書いてありますが、むずかしいです。同じエンジニアの同僚で落ちた人を何人も知っています。

未経験からエンジニア転職をめざすなら、アピールポイントになるでしょう。

ステップ④:プログラミングを学び始めよう!

さて、ある程度の基礎知識をつけたら、実際にプログラミングを学び始めましょう。プログラミングの学習方法は本やYouTube動画など多くあります。

中でもいちばんのオススメはYouTubeです。理由は実際にプログラミングをしているのが見れるので、本よりも理解しやすいからです。

そして、何と言ってもYouTubeは無料ですからね。

また有料の動画学習サービスUdemy もおススメです。有料であるが故にかなり質の高いレッスンが揃っています。YouTubeの動画では物足りない方はぜひレッスンをチェックしてみてください。

その他にドットインストールプロゲートなどのオンライン学習サービスもかなり優秀です。有料ですが一部無料で利用できるので、まずはお試しで使ってみるのが良いでしょう。

また、プログラミングスクールで勉強するという方法もあります。ですが、趣味でプログラミングをしている方は月謝も高いので、行く必要は無いでしょう。しかし、「これからガチでエンジニアをめざしたい」という方はプログラミングスクールに通う方が良いです

なぜなら、プログラミングスクールに行くと最速でプログラミングを習得することが出来ます。

その他にも「就職のサポート」「学習のカウンセリング」など、料金が高いだけのメリットが受けられます。詳しいプログラミングスクールのメリットは「エンジニアへの近道!プログラミングスクールのメリット!」記事に書いたのでよければご覧ください。

どんなスクールが良いのか分からないという方は、「最高品質!就職に有利なおすすめプログラミングスクール3選!」こちらに現役エンジニアのぼくが、自信をもってオススメするプログラミングスクールを紹介しています。

ぜひ参考にして下さい。

ステップ⑤:自分の作りたい物をつくろう!

さて一通りプログラミングの基礎を学習したら、自分の作りたいものを作ってみましょう。ここで初心者にありがちな注意してほしい事が1つあります。それは「テキストや動画を何週もすること」です。

一度テキストや動画を見終わったら、すぐに実践のプログラミングに取り掛かりましょう。勉強した内容を100%理解していなくても大丈夫です。

もし、プログラミング中に分からない事があれば、その時に調べれば良いだけです。プログラミングは実戦でを使う事によって、はじめてスキルとして定着します。

特に作りたいものがないという方でも、既存のシステムのマネを作ってみましょう。

作った作品はエンジニアの就職活動で、大事なポートフォリオになります。企業の採用担当者があなたの技術レベルを判断するのに非常に重要です。どんどん新しい物を作って失敗して、学んで成長していきましょう。

まとめ:作ってどんどん失敗しよう!

まずはプログラミング学習の目的を明確にすることが、何よりも大事です。そこから逆算して何を勉強するのか考えていきましょう。

そして、基礎を勉強した後は、どんどん自分の作品を作ってみましょう。そして多く失敗をして学んでください。そうすることでプログラミングのスキルがどんどん上達していきます。

プログラミングを覚えて自分の目的が達成できると、すごく楽しいです。みなさんも是非プログラミング学習を楽しんでください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事:未経験からエンジニアに転職する方法を解説

おすすめ記事:独学でWeb系エンジニアを目指す勉強方

おすすめ記事:【現役エンジニアが厳選】おすすめプログラミングスクール3選

Follow me!